オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

一本足打法は、簡単には生まれなかった

»

昨日のブログで、日本経済新聞「私の履歴書」で連載が始まっている王貞治さんのことを書きました。

本日(2015/1/12)は、一本足打法が誕生する瞬間のことを描いています。

年初から荒川博さんと一緒に打法改善に取り組み、一本足打法のアイデアが出たのが2月12日。しかし当初はイメージトレーニングの域に留まっていて、シーズンは二本足打法で始まりました。

しかしこのシーズンも成績が思わしくなく、苦しみます。あの王さんも弱音をはいている様子が描かれています。

7月1日に荒川さんが「一本足打法で行くぞ」。

その日、今まであり得なかった打球が上がります。

 

王さんの手記を読んでいて感じるのは、偉大な記録を残したのは、当たり前なのかもしれませんが、日々の小さな努力の積み重ねと、執念深さだということ。

我々も見習うべきですね。

Comment(0)