オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

まるで自然の造形物のようなアートに浸った日

»

今週月曜日の昼下がり、銀座で行われているある作品展に行ってまいりました。

その作品展は、銀座一丁目にある、古いビルの3階と地下1階で行われていました。

 

展示されていたのは、アルミニウムを素材に使い、織物として縫って制作された「ファイバーアート」と呼ばれるアートです。

作品は数メートル規模のものから数十センチ程度のものまで多種多様。

大きなサイズの作品が多いのですが、しかし一方でそれぞれの作品に目を近づけると、細部にまで力がみなぎっていることが感じられます。

「神は細部に宿る」という言葉が頭に浮かびました。

 

作品に浸りながら、ふと山を登って森を歩いている時の感覚を思い出しました。

爽やかな空気に浸りながら森を歩いていると、「これは見事!」と思えるような、木の皮などの自然の造形物に出会うことがあります。

作品から受ける印象は、まさにそのような自然の造形物から受けるものと同じなのです。

 

会場となるビルは、築83年になろうとする古い昭和初期の建物です。

部屋の古いコンクリートがむき出しになっている白い床や壁の質感と、暖かい銀色を主体とした展示作品が溶け合い、会場となる空間全体が作品のメッセージを出しています。

作者の方にお話しを伺ったところ、「作品とのマッチングを考えてこの会場を選んだ」とのこと。

実はお花を持って行ったのですが、展示会場に入ってすぐに「この空間に、花は飾れないな...」と思いました。それほど完璧に空間全体がデザインされていたのです。(幸い作者の方は、快くお花を受け取ってくだいました)

作品は、それを納める器となる会場と一体となることで、メッセージ性を持つのですね。

 

アートの世界に浸るのは久しぶりの体験でしたが、よいひとときを過ごすことができ、幸せな時間でした。

 

この作品展は、今週8月30日(土)まで銀座で開催されています。もし今週、銀座でお時間ができたら、お立ち寄りになってはいかがでしょうか?

場所は銀座1-9-8にある奥野ビル。

3階にある「巷房1」と、地下1階にある「巷房・階段下」で行われています。

田坂 須美子 展 elegant control system

(ちなみに作者の田坂須美子さんのサイトはこちら)

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する