オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

「あなたは、何によって記憶されたいか?」

»

ピーター・ドラッカーが13歳の時、教師が生徒達にこんな質問をした、というのは、有名な逸話です。

「あなたは、何によって記憶されたいか?」
What do you want to be remembered for?

この時の様子が、このサイトに書かれています。

No one could answer, but the teacher chuckled and said, "I didn't expect you to be able to answer it. But if you still can't answer it by the time you are 50, then you will have wasted your life."


誰も答えられなかったが、教師はニヤッと笑って言った。「まぁ、キミたちが答えられることは期待していない。しかしもしキミたちが50歳になった時にまだ答えられなかったとしたら、人生を無駄使いしてしまったということだね」

 

ちょうど50歳を2歳過ぎた身には、ドキッとする話ですね。

自分の人生の意味を考えるのは、他ならぬ自分です。

自分自身が納得がいく、素晴らしい人生が送れるように生きたいものです。

そして日々の小さな二度と戻らない時間の積み重ねが、自分の人生を作っています。

冒頭の言葉を意識しつつ、かけがえのない時間を大切に過ごしたいと思います。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する