オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

今さら聞けない「維新八策」

»

日本維新の会がかかげる「維新八策」。

自分の不勉強なのですが、これまで内容を知りませんでした。

本日(2012/10/28)の日本経済の記事「永田町インサイド 維新八策、実現性は―統治機構改革、改憲が前提」にその概要が書かれていましたので、自分のメモのためにも引用したいと思います。

---(以下、引用)---

1.統治機構の作り直し
・首相公選制
・参院廃止を視野、首長が国会議員を兼職する院を模索
・地方交付税の廃止、消費税の地方税化で国と地方の財政を分離
・国の役割を絞り込み、道州制が最終形

2.財政・行政・政治改革
・首相が年に100日は海外に行ける国会運営
・外郭団体、特別会計の徹底見直し、行政プロセスの可視化
・衆院議員を240人に半減、政党交付金を3割削減

3.公務員制度改革
・強固な身分制度の廃止、総人件費の削減
・人事権の内閣一元化、次長・局長級の政治任用
・地方公務員制度も抜本改革

4.教育改革
・基礎学力を底上げしグローバル人材を育成
・教育委員会制度の廃止、首長に権限と責任
・教育に使うクーポン制度を導入、教育機会の選択肢を拡大

5.社会保障制度改革
・年金は積み立て式に、高齢者はまず所得と資産で生活維持
・現物支給中心の最低生活保障制度
・軽症患者は医療費自己負担

6.経済政策・雇用政策・税制
・TPP参加、産業淘汰を真正面から受け止める産業構造の転換
・脱原発依存の体制構築
・成長、投資、消費を促す税制

7.外交・防衛
・日米同盟が基軸
・日本全体で沖縄の負担を軽減する工程表の作成
・国連PKOなどへの参加を強化

8.憲法改正
・発議要件を国会議員の二分の一に緩和
・9条改正で国民投票
・自治体が条例で法令の内容を変える「上書き権」の創設

---(以上、引用)---

 

「維新八策」を拝読し、企画の進め方として王道だと思いました。

 

これまでの日本の政策論議は、過度に有権者の声を反映しようとするあまり、個別政策議論に陥る傾向がありました。

ですので、このようにマクロな視点でまず全体の「あるべき姿」を提示したという点で、大いに意義があると思います。

「あるべき姿」の提示なので「現状は違うので反対」という議論に陥らず、まず最初に「私たちの日本の将来像はこれでよいか否か。その理由は何か?」という議論が必要なのではないかと思います。

企画の進め方として多くの企業が行っていることですが、これを政治の世界で行おうとしている点が、新しい点だと思います。

企画プロセスの観点で考えると、当初の企画案は議論を通じて柔軟に修正・改善していくことが必要です。ですのでこの「維新八策」も、今後の議論を通じて柔軟に改善していくことになるのでしょう。

 

 

Comment(0)