オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

山男、草野さん

»

今週後半は夏休み。今日は、家から車で1時間のところにある表丹沢・鍋割山に登りました。鍋割山には年に数回、気が向くと登っています。

この鍋割山の山頂にある鍋割山荘のご主人は草野さんという方です。この方は、現代では珍しくなった真の山男です。

1976年に鍋割山荘に入りもう30年だそうです。山荘は基本的に毎日営業。鍋割山荘ホームページを見ると、今年は外部の委員会等に出席のため2日間だけ休んでいますが、それ以外は全て営業しています。

鍋割山に至る山道は、草野さんがこまめに整備をされていて、初心者にも登りやすくなっています。

草野さんは、お客さんの相手をしていない時はいつもノコギリとトンカチで山荘を拡張工事しています。実際、10年程前と比べると、山荘の大きさは2倍位に大きくなっているそうです。

例えば、トイレはバクテリアを活用した自然循環システムになっていてとても清潔ですし、山荘の周りには太陽光発電システムがあり、電力が供給されています。

これらは全て草野さんが自分で麓から担いで持ってきて、ご自分で作ったものです。実際、ほぼ毎日大きな荷物を持ち上げてるそうです。1996年には一回で114Kgを持ち上げたという記録もあります。詳しくはこちら

まさに、鍋割山と鍋割山を楽しむ登山客に、全てを捧げている人生と言えるのではないでしょうか?

このような人を、まさに「男の中の男」と言うのでしょうね。

川崎や横浜に住んでいる方は、朝7時頃車で家を出れば、山頂まで登って昼食をいただいて下山し、夕方5時頃には家に帰って来れます。自然の中で過ごす一日は、精神的なエネルギーを充填することができます。このような山が身近にあるのはありがたいですね。

尚、8月19日(土)17:30-18:00の日本テレビ「いただきマッスル」で、鍋割山荘にレイザーラモンHGが来て、草野さんを色々とお手伝いする様子が放映されるそうです。ご興味のある方は、是非どうぞ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する