オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

JoostのUIのすばらしさを一言でいうと「使っている自分がCOOL」という感じ

»

ひょんな散在意欲から、Imacを購入しました。
しかも、一世代前の17インチインテルマックです。

型番や、性能はさておき、今までほとんどwindowsユーザだったので、
不慣れなことが多いことは多いですが、
やっぱり、MACのUIの良さは触っていて楽しい限りです。

せっかく性能もあがったことなので、以前入れて性能的にギリギリで動きづらかった
Joost」のMAC版をインストールしてみたところ、
これがMACの画面にジャストフィット。

ニコニコ動画やyoutubeと違う高画質な動画で、
アーティストのPVを流してみていますが、
やはり心地よい感じがします。(BUGEYEというチャンネルを流しっぱなしです。)

クローズドベータをしていたときに比べ、かなり安定してます。
そのかわりCMがばしばし入ってきますが、
ムービーの合間の5秒のみでほぼ気になりません(ちなみに、ノキアのCMでした)


ブラウザベースのwebサービスをリリースする、
日本のベンチャー企業は増えていますが、
オンラインソフトで、「Joost」のような広告モデルなどを共存させた
ハイブリット型のweb2.0サービスがリリースされていないのが少し残念です。


Joost」と非常ににたような動画配信サービスとしては、
Gyao」「Yahoo動画」などがあげられるかと思いますが、
やはり、CMの入り方や、プレイヤーのセンスなどは、
Joost」のほう上のように感じます。

非常に曖昧な言い方になるかもしれませんが「Joost」の
アプリケーションのデザインは「iTunes」に似た
「使っている自分がCool!」と思わせるような洗練されたデザインになっています。

まだ、チャンネルも非常に多彩になり、
オフィシャルのページできちんとコンテンツ紹介が行われるようになったので、
英語がわからない私でも何となくわかるようになりました。


ボーナスで私の用に新しいPCを購入した皆様、
是非とも再度Joostをインストールしてみてはいかがですか?
いまならオープンベータで誰でも登録可能ですよ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する