オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

ダイエット経験者から見た「いいメモダイエット」の使い方

»

以前取り上げました、「いいめもお小遣い帳」の「いいめも」ブランドから
新シリーズの「いいめもダイエット」がリリースされました。

しかし、一つこの「いいめもダイエット」に非常にもったいない。
いいめもシリーズらしく「シンプル」に作られているのだが、
売り出し方がとっても惜しい。


何がもったいないかと言うと「カロリーを全て記録しよう!
という見せ方をしているからだ!

実は、私、こう見えてかなりの「ダイエッター(ダイエット経験者
18歳ぐらいの時に一瞬100キロオーバーなったが、
24歳現在で、68キロをキープしている。



6年間紆余曲折を経て、約30キロの体重減を成功させたわけだが、
実際にカロリーを記録したかと言うと、そうでもない。

毎食毎食のカロリーを記録するなんて、かなり難しい、
根気のいる作業だが、それを「いいメモダイエット」は、
携帯電話メールというツールを使って「身近な」ツールを使って
引き上げようとしているが、ダイエッターから見ると
まだ、敷居が高い。

ダイエットしていたときは、「一人力石」状態になるような人もいる。
そんな人たちを救うツールに「いいめもダイエット」がなればいいと思う。

というわけ、こんな「いいめもダイエット」の使い方はどうだろう?



いいめもダイエット」を使った、「いいめもおやつ帳」

食事を一つ一つ記録するのではなく、おやつだけ記録をする。
成人男性で、2500カロリー
成人女性で、2000カロリー
が一日の摂取カロリーの目安といわれている。

どんなに普通に食事をしていても3食で大体1500~1800カロリーは摂取してしまうものだ。
そして間食や、ジュースなどのカロリーが上乗せされて、
カロリーオーバー、余計な脂肪が付いてしまうわけだ。

しかし、「間食をしない!」と決めるは、ダイエット初心者が
はまりやすい罠だ。
ストレスのたまりやすい現代社会で、間食しないでいいるなんて、
そのストレスを倍化して太ってしまう元凶にもなりかねない。

ここで出てくるのが「いいめもダイエット」だ。
だいたい、一日、200カロリーを目安に、
自分の好きなものを食べることを許し、
いいめもダイエットに記録してあげるのだ。

幸い、「いいめもダイエット」は、柔軟な入力ができる。
イメージとしてはこんな感じ

1日のおやつカロリー
ダイエットアイス 80カロリー
チョコ4つ     60カロリー
うまいぼう    50カロリー
     計   190カロリー

と、一日の、食べたカロリーを少しづつ記録しておけば、
「間食」の食べすぎを防ぐことができるのだ。

ストレスのためないダイエットの実現に、
いいめもダイエット」のこんな使い方はいかがでしょうか?

お手軽に使えるツールをさらにお手軽に使って、

ダイエットに生かしてみてはどうでしょうか。

Comment(2)

コメント

山下

おやつのみの記録なんて、中途半端な改善案だと思います。
むしろ改悪だとさえ感じられます。

どんな管理手法でも、トータルで考えずに一部のみを取り出して行うなんてことはありえないと思います。

関連性の低いものを、取り除いてシンプル化するのはありだとは思いますが、一番のカロリー源である食事を取り除いて管理も何も無いと考えます。

逆に、一日のトータルカロリーさえ辻褄が合えば間食だってしてはいけない物ではないのです。

管理するなら、一日全体の摂取を管理するべきだと考えますし、めんどくさいなら全部やらないのが正しいと考えます。

初めての訪問で、いきなり反論を書き込むのは失礼かと思いましたが、どうしても気になったため意見させていただきました。

工藤

>>山下さん
コメントありがとうございます。

トータルを考えるのは、とても重要ですね。
今回の記事のテーマは、
どちらかというと、ダイエットツールというよりも
もう少し気軽な使い方ができるか?
ということで書かせていただきました。

今後も、また貴重な意見をいただければと思います。

コメントを投稿する