オルタナティブ・ブログ > KNN神田のITニュースのツボ! >

IT業界で日々起こるニュースから、少し先の未来を読みとっていくためのコラムです。

P2P動画共有が変えるTVコマーシャル業界

»

ITの起業家たちのDNAはとどまるところを知らない。
さらに、巨額のビジネスをバイアウトし、潤沢な資金をもったベンチャーほど、手に負えないものはないだろう。

SkypeやKazaaを成功させたヤヌス・フリスは、今度はインターネット上の映像ビジネスに参入する。コードネームは「Venice」。
今はそれだけしか明確になっていない。

Skype創設者の次の挑戦「Veniceプロジェクト」とは?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/27/news050.html

しかし、SkypeやKazaaを舞台骨でささえたP2P技術による動画共有ビジネスであるということは誰もが容易に想像できる。

YouTubeなどで市場が形成されはじめた動画共有に今度は広告がいかに展開されるかが一番の話題となることだろう。さらに、P2P技術によってテレビ仕様、いやハイビジョン仕様の高精細な動画が共有され、個人の登録したプロファイルによってコマーシャルを挿入したりできるとするとすばらしい。

すでにYouTubeでも、Teddy-G氏
http://teddy-g.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/youtubeamazon_cad7.html

がYouTubeの動画をブログに貼ってAmazonアフィリエイトできBookmarkletを公開している。YouTubeのタグを使って、Amazonのデータベースとマッチングさせるというギミックもおりこんだので、展開がおもしろくなってきている。

Comment(3)

コメント

質問

テレビ仕様って何の事ですか?

舞台骨??????笑!
屋台骨じゃないですか???????

叩きたいならもっと勉強しろ

舞台裏だ、愚か者。
もうちょっと日本語勉強してから叩きなさい。

訂正マン

×舞台骨でささえる

○屋台骨を支える

○舞台裏で支える

コメントを投稿する