オルタナティブ・ブログ > 事務局だより >

Various news of ITmedia Alternative BLOG

ブロガー>コメンテーター:番長と愉快な仲間たち

»

オルタナブログには名物ブロガーがたくさんいます。そして、名物コメンテーターも数人いらっしゃいます。古くは「猫まっしぐら」さん、最近では「TETSU」さん、「Ifreeta」さん、「ardbeg32」さんとかね。

彼(彼女?)らは、オルタナブログをまんべんなく読み、ときに本編以上に深みのある内容を書いてくれたりもする、オルタナブログの宝です。「この人、本当はブロガーの誰かなのかなあ?」「知ってる人かなー」などと思うこともあるのですが、そこは追究しないのが大人の対応ってもんです。

でね。オルタナブログの長くて短い歴史の中で、コメンテーターからブロガーになった人が、たった一人だけいます。

でもねー、大野さん最近またコメンテーターとしての活躍の方が目立つのよねー。得意分野ってあるのよねー。大野さんのコメントは、ピリリと叡智の香りがして好きだからいっかーと思うけどねー。

Comment(4)

コメント

坂本英樹

ばんちょー
他にもいらっしゃると思いますが、私もコメント書きの下積みを経て
オルタナブロガーデビューしました。
故 高橋徹さんへのコメント
http://blogs.itmedia.co.jp/daitaian/2008/12/post-ce01.html#comment
とか懐かしいです。

最近だとFacebookとかTwitterとかでのコメントが盛んですけど、ここへのコメントはそれはそれで記事の補足として意義深いと思います。

おお、そんな時代もありましたねえ。みーんなコメントで大きくなった。

FBやTwitterもよいのですが、読者の皆さんがすべてアカウントを持っているとは限らないし、やりとりがブログの続きとして見られるので、コメント欄のコメントはとっても大事だよ、と私も思います。
コメントはブログの宝なり。

話がちょっとずれますが、ブログ黎明期(10年くらい前?)はmixiとかもなかったので、コメントやトラックバックが交流の場として、すごくウェイトが高かったですよね。
今は、あえてコメントしてくれる人っていうのは少ないので、Zenbackは貴重ですね。去年か一昨年か忘れたけれど、最近知ったツールの中でこれは一番ヒットでした。

そうそう。当初は「トラックバックがブログとブログを繋げる!」って話でしたね。
でもオルタナばんちょ~になってみたら、現実はTBの9割以上はスパムだった。
それを毎日削除するのはめんどくさかったです(今はいろいろやったので、あまり来なくなりました)。
Zenbackは貴重だけど、Zenbackを見ても何もないときはちょっとヘコみます。

コメントを投稿する