オルタナティブ・ブログ > 僕がモバイルを愛する理由 >

モバイルを使い始めて30年の筆者が活用しているモバイル機器、モバイルシーンを紹介していきます。スマートフォン、ノートパソコン、PDA、携帯電話に加え、様々なネットサービス(ソーシャル、クラウド、レンタルサーバーなど)、周辺機器(Bluetoothヘッドセット、Bluetoothキーボード)との連動をご紹介します。

3台のスマートフォンを使う理由の続き(第3回)

»
3回目

モバイルを愛していますか?モバイルの話題をこちらのブログではお送りしています。モバイルに興味を持っていただければ幸いです。

前回、スマートフォンを3台使う理由を紹介させていただきました。複数台使う理由を挙げさせていただいたのですが、実はもう少し理由があるので、追記します。今回、ご紹介する理由は、リスク回避とマルチタスクです。

古くからモバイルを愛用していますが、どうしても避れないのが、端末トラブルです。特にスマートフォンの場合は使う環境が様々なため、落下や水没など、いろいろなリスクがあります。スマートフォンは電話だけでなく、いろいろな作業を依存しているため、万が一、端末トラブルに遭遇してしまうと、作業が中断してしまいます。そこで、複数台で運用しています。

端末トラブルの要因としては、環境の変化だけでなく、さらにカスタマイズによるトラブルもあります。スマートフォンを少しでも使いやすい端末にしたい、ということで、モバイルユーザーは独自カスタマイズを行います。見た目やUIの簡単な変更から、アプリやウィジェットの導入、さらには、ROMの書き換えまで行う場合もあり、ユーザーとして、使いやすさを求めます。これは利便性が高まる一方で、トラブルのリスクも大きくなってきます。メーカーが推奨しない環境構築をするので自己責任でカスタマイズしていますので、当然ですね。

カスタマイズを失敗すると、データを失うだけでなく、端末が初期化されたり、最悪は起動しなくなります。スマートフォンでは、起動しなくなる、所謂「文鎮化」はあまり経験していませんが、PDA時代は日常的に経験していました。特にPDAはバッテリーが切れると端末が初期化されてしまうことが多く、苦労していました。

端末を初期状態で使うのであれば、こういったリスクは非常に低くなります。しかし、私の場合は、カスマイズすることを前提でスマートフォンを使っています。そこで、いつトラブルがあっても良いように、複数台のスマートフォンを同じ環境にして持ち歩いています。

もう一つの理由、マルチタスクについては次回ご紹介します。お楽しみに。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する