オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「我々はベストだ」と言い切れますか?

»

いつものようにブログをチェックしていたら、面白いニュースを目にしました。ウェブサイトやブログ、ポッドキャストのデザインから開発、企画運営までをサービスとして提供する"Sidebar Creative"なるチームが発足したそうです:

Introducing Sidebar Creative (SuperfluousBnter)

1つの企業ではなく、デザイナーや開発者などいくつかの個人/組織が集まって結成されたチームとのこと。公式サイトによれば、Flock のデザインを担当された方などが参加しているようですね。

実は僕が関心を惹かれたのは、トップページ上に掲げられた以下の文言:


我々はベストです。任せてください。
冗談ではありません。本当にベストです。ウェブアプリケーションからコンテンツマネージメントまで、ブログからポッドキャストまで、デスクトップからモバイルまで、我々は全て行います(これらに関する本も出しています)。

という何ともまあ強気な発言ですが、ここまで潔いと気持ちが良いですね。もちろん単なる自意識過剰という可能性もありますし、アメリカ人の気質といったものもあると思いますが、こう言い切れるのはうらやましい気がします。

「当店はどこよりも安い!」と言うのは、ある意味簡単です。もちろん値下げで赤字になってしまうかもしれませんが、値札を取り替えるというのはどのお店でもできることですから。しかし「ベストの仕事をする」と言った瞬間に、あらゆる面でお客様を満足させなければなりません。誰にでもできることではなく、宣言するには相当な覚悟が必要でしょう。それだけ彼らは、自分達の持つ技術やスキル、過去の経験に自信を持っているのだと思います。

以前、「走れ!プロジェクトマネージャー!」の中で大木さんが「自分自身に自信を持ち、自分の仕事に誇りを持てる」ことの重要性について書かれていました(日本人気質でいこう!)。私たちはともすると「いやいや、僕の仕事なんて……」「そんなに大した仕事じゃないですよ……」と言ってしまいがちです。しかし卑下するばかりではなく、自分の行っている仕事、それに必要なスキルに自信を持って、「我々はベストである」と宣言するような姿勢も必要なのではないでしょうか。

勇気を出して「ベストである」と宣言してみること。できないのであれば、できるように努力すること。たまにはそんな、大それたことも必要だと思います。

Comment(2)

コメント

こんにちは!
ベストと言い続けるのは大変ですが、ベストな領域を1つ持ち、(時々それが入れ替わっていってもいいから)維持するのは重要な目標設定の仕方ですね!どうしても会社・組織として全体最適を念頭に置くと、「ベターを増やす」戦略に志向してしまうので、とても参考になります。

トラパパさん、コメントありがとうございます!
やはり「ベターが多い」よりも「1つでいいからベストを保つ」方が重要なのですね。個人のキャリアでも「『全体的に平均的』というよりも『これだけは負けない』という方がいい」と言いますし、大変でもベストを目指すという姿勢が必要なんだなと痛感しています。

コメントを投稿する