聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。基本的なところから、恥をかきながら勉強します。