戦いの螺旋から降りたい人向け(笑)!ソーシャルメディアは日本人が一番得意なのだ~^^

ソーシャルメディアプロジェクトに腹芸は厳禁だ「和」

»

Img_0095

腹芸とは、口に出さずに相手を、意図通りに持っていくこととある方から聞きました。


駆け引き...社内政治...騙し合い...


日本企業の代表的なコミュニケーションスタイル?かと思いますが、

海外では、ソーシャルメディアプロジェクトの最大の敵であるという認識です。

Authenticity=真実からくる信頼

がソーシャルメディアの最大の成功要因というのです。


確かに、腹芸ソーシャルメディアやってると、おつきあい「いいね!」とおつきあいコメントの山が築かれるだけで、なーんにも「絆」なんて生まれないですよね。


心すれ違うソーシャルメディアほど空しいものはないでしょう。





私が行っている教会には、ブラジル人の方が多くて、親しくさせてもらっていますが、

「日本では言いたい事を言うと、白い目で見られるからツライ。。。」

という言葉を何度か聞いた事があります。


モチロン


日本は日本で、イイところが沢山あると思います。


ただ、言いたい事を口に出さない文化の中では、ソーシャルメディアは十分に機能しないか、または、日本流ソーシャルメディアプラットフォームでもなければ無理なのではないか。。。


と思う事もあります。





私は、自分のソーシャルメディアプロジェクトに「腹芸」は持ち込みたくありません。

邪推の連鎖は、生活者を置き去りにするでしょう。

全てがつながっているメディアだということを意識すれば、ソーシャルメディアプロジェクトにおける「腹芸」の危険さはおわかり頂けるはずです。


だから、腹芸厳禁×


ただ一方で、推して知るという文化こそ日本の良さでもあります。

口に出さずとも、互いにわかりあおうという文化が全て悪いわけでもありません。

日本流のおもてなしには欠かせないものでもありますよね。


透明性と推察文化のハイブリッドは、日本のソーシャルメディアプロジェクトの鍵となるでしょうね!


ご意見お聞かせ下さいませ〜^^

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する