IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

「最後まで居る上司」と「最後に帰る上司」

»

昔、「先に帰る上司」と「最後まで居る上司」つい

そして最近は、

  

「最後まで居る上司」と「最後に帰る上司」の違いについて、時々考えています。

 

最後まで居ればいいってもんじゃない。

居る意義が必要ですな。

ニュアンスだけな気もしなくもないが、

「最後に帰る」という責任感の違いというか。。

  

仕事柄と立場上から、「上司代行」なので、「最後に帰る」ことは原則ありません。

だけど、気持ちだけは「最後まで居る」つもりで、そして「最後に帰る」くらいの気概で、「最後に帰る」仲間へ最大の配慮をして、仕事しているつもりです。

関わる大抵のプロジェクトでいつも同じで、

「最後に帰る」人達は、必ず何かのリーダーを務めています。

リーダーのリーダーや、リーダーのマネジメントをする立場にいる私にとっては、

そのリーダー達が「最後に帰る」ことになった背景、経緯等をよく理解して、

プロジェクト全体として、どうマネジメントしていくかの参考情報にします。

そのリーダー達が少しでも報われるように。。。

  

そして、そのリーダー達には近い将来、より良い「上司」になっていただきたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する