IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

「先に帰る上司」と「最後まで居る上司」

»

「お先に失礼します」・・・昔先輩に「警備員に言うと失礼だ」と教わりました。警備する人は警備される人が無事帰路につくのを見届けるのが仕事だからだそうです。

・・・なるほど、当たり前なわけですかね。

だから言い方次第では非礼にあたるのだそうです。「おつかれさまです」が無難な言い方らしい。

さて、表題の通り、いろんな職場で、上司と部下のどちらが先に帰るか、当然その職場でいろいろあるとは思いますが、最近不肖は「先に帰る上司」になっちゃってます。

10年ちょっと前、初めて管理職の末席を任命された年に、中堅・若手が集まって、管理職の理想像というか、部下はどのような上司であってほしい/ほしくないか、みたいな座談会をしたことがあります。

そのとき、まさにこの2つの事象のどちらが部下たる若手の人たちにとって望ましい姿勢なのか、もちろん一概に定義できないテーマとは思いますが、今日、ふとそのときのことを思い出しました。

「先に帰る上司」賛成派

     上司が先に帰れないような職場で、自分がいつかその上司と同じ職位になったときも部下より先に帰れないくらい仕事するなんて嫌だ。上司になったらもうちょっと(少なくとも時間的には)楽がしたい。

     部下が帰るまで上司も帰らないなんて、部下が信頼されていないみたいで気持ちよくない。

     上司が先に帰ってくれないと息抜きもできない。^^;

「最後まで居る上司」賛成派

     最後まで面倒みてくれる、気にかけてくれているんだ、距離感を感じることなく、信頼感がもてる。

     予想外に困ったことが起きてしまっても、相談する相手がいるから安心して仕事にチャレンジできる。

     困る度に上司を積極的にうまく頼っていけば、いくらか楽もできそう。^^;

不肖ごときに良い上司面する資格なぞまったくもってございません(<(_ _)>)が、

皆様にとっては、どちらが良いとお考えでございましょう?

もちろん大抵の人は上司と部下の2つの立場があり、不肖もそうなのですが、・・・

うーん、不肖の場合、自分が部下の場合は、上司に「先に帰って欲しい」ですが、自分が上司の立場では「最後まで居て」部下から相談等あればのってあげたい、というのがもともとの考え方でした。

ですが、最近は・・・

スケジュール的に無理があって、それは実現できない現状なので、半分言い訳ですが常に「上司が先に帰る」になっちゃっていますね・・・^^;

Comment(9)

コメント

3年課長

いつも拝見しています。
私は基本的に"先に帰る派"ですが、部下には「夜11時までだったら何かあったら携帯電話に電話かメールしていいよ」と言ってあります。いちおう連絡はつくようにしておく、でも帰る、です。
家族にも11時までは準待機みたいなもんだから、と言ってあります。まあ、ほとんど連絡ありませんし、連絡があった時は会社にとんぼ返りってパターンですね。(苦笑)

3年課長さん、
コメントありがとうございます。
個人的心証ですが、「11時まで」なんてすごい良い上司でいらっしゃいますね。
私は携帯を枕もとにおいて寝ていますが、昔、担当しているシステムの障害時に(システムから)自動的に障害発生が知らされる管理者の一人になっていたので、障害の度に夜中携帯メールが鳴って起こされていました。そして、うるさいと家族に文句を言われて以来・・・今ではバイブ音で起きれるように鍛練(?)されました!?(笑)

こんにちは。トラパパさま。
それでは一方的に部下の立場の人間から・・・。

自分の場合、正直どちらでも良いです。
主体性が無いと言っちゃ無いのですけど、
部下から強制して「残ってくれ」というものでも無いし「とっとと帰ってくれ」というものでも無いので、いらっしゃったらいらっしゃったで「ご自身の仕事があるんでしょうね。。。」と思うぐらいでしょうか。。。

ただ、たまに(半分は冗談なんでしょうけど)「お前らが終わらねぇから俺が帰れねぇじゃねぇか」という上司も居て、そんな時だけは「じゃあ気にしないからとっとと帰れ!」と心の中で思いますけど。

ちなみに、(他社では逆に常識なのかもしれませんが)うちの管理職は全員会社支給(通話料も会社持ち)のケータイを持っており、何があっても出るもしくは後で連絡を返すことができる、もしくは所在を明らかにしておく、というのがルールだそうです。組合員じゃ無いので、そうらしいです(逆に組合員じゃ無い人で業務上持つ必要がある場合、業務時間外に出ると組合問題になるとか・・・)。
以前、とあるどこかの部署の管理職が取締役から直接連絡があった時に出れなかったから、という理由で異動になったとか。。。

連投すみません。
先程のコメントに一部誤りが。。。
×:逆に組合員じゃ無い人で業務上持つ必要がある場合・・・
○:逆に組合員の人で業務上持つ必要がある場合・・・
でした。謹んで訂正させていただきます。

せのおさん、
コメントありがとうございます。
そうなんですか。
勉強になりマシタ(ペコリ)。

Eric

ご無沙汰してます。コンサル事業部は、さすがに若手が深夜(早朝?)4,5時まで働いていたので体力的に先に帰る上司でしたが、4月より異動になり、今では最終退出の上司になりました、、、。

Ericさん、こちらこそご無沙汰しています。
大変そうですね。がんばってくだサイ。
確かにこのトシになると、体力的には最終退出する上司は辛いデス。

生沢 雄一

これ、双方の言い分を比べてみると「最後まで居る上司がいい」という人には「上司に頼りたい」という姿勢が見えますね。

自分自身がどうというより、部下には「先に帰る上司賛成派」になって欲しいと思います。

生沢 雄一さん、
コメントありがとうございます。
レスがすっかり遅くなりました。すみません。
私も個人的には、(少なくとも今は)先に帰る上司がMajorityであってほしいと思います。
ですが。最近どうも自分が担当する仕事先では、自分も含め、その逆が多数です(泣)

コメントを投稿する