やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

営業成績が良い人を営業部長にしてはいけない

»

これは前々から僕が感じていて、かつ言い続けていることです。

日本企業の多くは、営業部門で功績をあげた人を管理職にしていることが多いですよね。技術力が高いSEを技術部門の管理職にしたり。

これは、管理職以外に社員の給与を上げる仕組みを持たない企業にありがちです。最近は、多くの大企業で管理職以外の選択肢を設けています。ある企業では、管理職(マネジメント)コースとプロフェッショナルコースと呼んで、部下を持たなくても昇給する仕組みを設けています。これがないと、マネジメントスキルもないのに管理職にしてしまう。

マネジメント=管理ではない、というのは多くの経営者が認識しているところ。マネジメントには、勤怠とか労働時間といった数値化される管理よりも、むしろケアのほうが重要です。

以前、とある大企業の管理職研修を担当したことがあるのですが、ある課長職の人が「僕は部下と話すのが嫌なんです」と言っていました。すぐにでも課長職を解いてあげるべき人だと感じたことを覚えています。

営業成績がいい。だから管理職にしよう、という思考を変えないと、管理職になった本人も、その部下も、働き方改革以前の問題である気がする今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する