顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Gコードがなくなりました

»

2月1日から、日経新聞のテレビ番組欄が変更されました。アナログ用Gコードが掲載されなくなったのです。

家電製品は待てば待つほど高性能になって安くなる、というのが我が家の考え方です。地デジ対応の買い換えはギリギリまで後にする方針で、今のところ、テレビ、DVDレコーダー、VHSビデオデッキ、すべてがアナログ専用のままです。

今までは、朝刊を読みながら、おもしろそうなテレビ番組を見つけると、その場でGコード録画予約するのが習慣でした。変更初日の日曜の朝に、いきなり不便を感じました。日経新聞の土曜版は、一週間分の番組表が載っています。とりあえず今日は土曜版を探してきてGコード予約しましたが、来週からは土曜版のGコードもなくなるとのことです。完全になくなってしまうと、かなり不便です。

日経新聞を購読する層は皆さん高額所得者で、すでに地デジに買い換え済みなのですかね。地デジに移行させようとする政府の陰謀が裏にあるのかと、勘ぐりたくなってしまいます。日経以外の新聞の対応も気になります。

Gコード予約は、朝の忙しい時間に、テレビの電源を入れて画面で操作する手間がかからないことも便利でした。地デジの録画予約はやったことがないのですが、地デジのレコーダーでは、いちいち画面の電子番組表で予約しないといけないのでしょうか。

21世紀になって録画予約を手動でやることになるとは、思いませんでした。世の中、便利になっているのか、不便になっているのか、よくわかりません。

関連リンク

Comment(2)

コメント

おおた

まあGコードを掲載するのもタダじゃないですからね(ジェムスター社との契約がいります)。EPGも徐々に普及してきてますし、これも時代の流れ…というわけにはいきませんか、やはり(汗)。とはいえ別に陰謀でも何でもないと思います。単なる経費節減でしょう。
 Gコード自体はYahooやlivedoorの番組表でもインターネットTVガイドでも参照可能ですが、やはり「新聞に」ないとだめでしょうか?

テクネコ

おおたさん、
ライセンス支払いの元が取れるほど、Gコードを必要とする人がいなくなったという判断でしょうね。
朝刊を読みながら目に付いたものを予約できて便利だったのですが、時代の流れと思ってあきらめることにします。新聞以外でGコードを入手する方法は、明日のエントリに続きます。

コメントを投稿する