モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Google Baseは全てのマッチングサービスの脅威となるか?(Web2.0の非技術論的考察-3 )

»

Googleが「Google Base」なるサービスの公開を準備しているとのニュースが駆け巡っている。
このサービスは技術的に見ると一種のデータベースである(Web Based RDBとでも呼ぶか?)。Web2.0は、Blogやソーシャルブックマーキング、タギングなどによって情報連携が進んだ後に発現する、データベース化されたインターネットのことであるとも理解するが、Google Baseはこの動きに沿うもの、あるいは独立独歩で進んでいくかは別にして、強い意思を持ってこれを実現しようとする動きだと考える。

そして商業的に見た場合は、(様々なメディアが伝えるように)eBayや日本におけるKakaku.comのような情報の比較検討やマッチングを行うサービスの事業モデルを直撃する可能性がある。マイクロペイメント代行サービスの投入も囁かれるが、これがなった場合には、楽天やAmazonのようなECサイトにも多大なダメージを与えかねない。
どういうことかというと、推測するにGoogle Baseは、
 - 誰もが簡単に、好きな情報を、シンプルなフォーマットで
  データベース化してWeb上にアップできる。
  これはBlogのようなテキストコンテンツが主ではなく、
  価格情報や求人情報、商品カタログなどのフォーマットと
  してはStatic(静的)だが、データ自体はダイナミック
  (動的)に変動するケースに最適化される。
- 更に、それらの情報は一般に公開され、Googleの
  検索によって誰でも簡単にたどり着く。
  だからポータルは必要なく、欲しいモノ、見たいものを
  ただ検索してもらえばいい。
- それぞれのサイトに小口課金システムをGoogleが
  提供すれば、そこですぐに買い物ができる。
- フォーマットは自由だから、出会い系サービスも
  転職斡旋も、商品価格比較も、オークションも
  ネット通販も、全てできる。(但し、大量の商品を
  一気に並べていく形には向かないと思うが)
  
Google Baseは多分利用は無料で、そこに広告を出すことによって収益を上げるのだろう。となると、手数料収入で収益を得るタイプの事業モデルに対して、非常に厄介なサービスとなり得る。Googleは他のそういった事業者を駆逐したいとは思っていないだろうし、結局そうはならないと思うが、それでも情報のマッチングによって収益をたてる事業者の成長や新規参入を妨げる存在になることは間違いない。

僕自身は、Feedビジネスの一つの可能性として、
- Webサイトを持たない、Feed Onlyのメディアの出現
 (HTMLメールに似ている)
- 例えば商品情報があり、課金システムへのクリック
ポイントを持っている。
- これによってFeedリーダー上で得たFeedから直接 
購買ができる。
という次世代のFeed Based Eコマース、があると考えている。
Google Baseは、Feedではないかもしれないが、このモデルによく似ており、AdSense/AsWordsのようなマイクロアドバータイズメントシステム(小口広告)と同質の、マイクロメディア with マイクロペイメントシステムの可能性を持っていると考えるのである。
つまり、Googleの存在そのものがMSにとってのOS戦略を揺るがす、ネットワークOS的な脅威であるとすれば、Google BaseはECやSNS、オークションサイトなどを含む、(独自のデータベースを有する)あらゆるマッチングサービスに対するネットワークDB的な脅威になってくると思う。

[追記]
AppleがiTunesの直接的ライバルが無料系P2P、KazaaやBitTorrentであることを認める発言をしたそうだ。僕はGoogle Baseもまた、iTMSの脅威になると思う。iTMSがAmazonに近い機能を持ち始めたように、様々な異なるオリジンを持つサービスやシステムが、Web2.0 と銘打たれたフィールドに集結し、イニシアティブ争いを激化させていくはずだ。

[追記2] 2005.10.30
EPIC2014に出てくるGoogle GRIDって、まんまGoogle Baseだ。

Google Grid

Technorati Tags: , , , , , ,

Comment(6)

コメント

小川さん、初めまして。Google Baseの推測を非常に興味深く拝見しました。"Base"のニュアンスからするとおそらくおっしゃるようなGoogle的な共有RDBになるんでしょうね。そしておっしゃるように、たぶん収益モデルは広告です。するとフィーベースの既存事業およびこれからの事業が大打撃を受けますね。うーむ。Googleでかすぎ。。。

>今泉さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
Googleのサービスも、それなりに玉石混淆だとは
思うのですが、今やGoogleが何かやるという噂
だけで、幾つかのベンチャービジネスの前途が
閉ざされてしまうような気さえしますね。

初めまして。
私は現在アメリカで、ローカルに限ったマッチングサイトを構築中でした。

今朝の新聞の一面を読んでショックでしたよ。
始めた当初は、まさかGoogleに追撃されるとは思ってもいませんでした。

先行き暗いです・・・。

>JJさん
やはりそういう印象を持たれますか。
Googleも一昔前のMSのように、”何でも
欲しがる”ようになってきましたね。
やむを得ないことですが、やや面倒な
存在になってきてしまいました・・・。

初めまして。
> 何でも欲しがる

というのはちょっと違和感を感じました。Googleって自分でコンテンツを作っているわけではないし、コンテンツを一から作るようなツールも提供しているわけではないですよね。APIはありますけど…。

Googleはコンテンツの活用をうまくできるような仲介者的なツールの提供をしているだけなので、MSと何かが違う様な気がします。

#中小企業な人たち(→自分)にとってはうまく使えれば、今回のBaseはおもしろそうなビジネスツールだと感じます。

>笹川様
MSとはもちろん別のタイプであることは異論ありません。
(過去ログをご覧いただけると幸いです)
ただ、Googleの開発速度と開発範囲の広がりが、
様々なビジネス生態系に影響を与えるようになったと
言っているだけに過ぎません。
Googleを批判しているのではなく、常に彼らの影響が
及ばないところを探さないとならない、という状態に
なっていることを書いております。
暑くなることを喜ぶ生命体もあれば
極寒の中でしか生き残れない生命もあるのと
同様ですね。
個人的に言うと、小川個人としてはGoogleの
試みは非常にエキサイティング。IT業界の
人間としては、”困ったな”と感じることが
多い、と率直にコメントさせていただきたいと
思います。

コメントを投稿する