組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

サポーターの存在意義

»

サッカーでは、応援者を「サポーター」と呼ぶ

この「サポーター」と呼ばれる人たちが、問題を起こし「無観客試合」になったり「入場禁止」という処分を受ける事件が度々起きる。

他のスポーツでは「無観客試合」など聞いたことがない。

なぜこのようなことが起きるのか・・・。非常に残念だ。

サッカーは必要以上に「敵愾心」「対抗心」を煽ってはいないだろうか。同地区同士の対戦を「ダービー」などとも呼ぶし・・・。

このブログで何度も同じことを言っているが対戦相手は「敵」ではなく、同じスポーツを愛するスポーツマン。

サポーターの蛮行記事を目にするたびに残念な気持ちになる。

チーム愛も大事だが、それ以上にスポーツ愛も大事だ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する