デマンドジェネレーション&パイプライン志向で、「測れて、報われる」BtoBマーケティングのために

デフレ脱却の特効薬が消費税増税である理由

»

消費税増税とデフレ脱却について世間の多くの人はまるっきり逆の理解をしています。「デフレ脱却してないのに消費税を上げるべきでない」そんな論説をよく見ますが、大間違いです。「消費税を上げると、物価が上がる=デフレが解消される」

が過去の日本で1989年4月の消費税導入時と1997年4月、消費税率を3%から5%に上げた時に起こった事実です。総務省の消費者物価指数データからグラフ化しました。Cpi1989Cpichart1997_5 (ここで言うデフレは持続的な物価下落という教科書通りの意味で使い、不況の意味は含みません)
一橋大学経済研究所准教授 小黒一正氏池田信夫氏の推論の通り、竹下内閣での消費税導入時も物価上昇が心配され、実際、物価が上がりました。例えば、100円で売っていた自販機飲料を105円には上げられないと110円に上がり、97年に120円へ上がったようにです。

より長期間での物価上昇傾向が分かるを見ても1989年と1997年の物価上昇が分かるでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:JAPANcoreCPI.png

ファイル:JAPANcoreCPI.png - Wikipedia via kwout

1989年の消費税導入からしばらくはバブル景気が続きました。消費税でデフレ(物価下落)とかいう人達はバブル崩壊で何が起きたか忘れているのではないでしょうか?土地の値段は上がり続けるという神話が崩壊し、土地を担保にした金融の仕組みが壊れ、世界経済のグローバル化が進み、100円ショップのような安くてそこそこの品質の商品が増え、広く使われ始めました。スーパーやコンビニのプライベートブランドの浸透もより安くて質のいいモノをブランドイメージより重視するデフレ的消費者行動の現れでしょう。

池田信夫氏はデフレ脱却に意味は無いと主張されています。しかし、物価が将来上がるか下がるかでは消費者の行動に大いに差が出る大きな問題だと私は思います。たばこ増税の前のまとめ買いのように、将来値上がりするなら多めに買って在庫を持とうと多くの人は考えます。この在庫を多めに持つとか前倒しで買うとかいう行動は景気を大きく左右します。

デフレが不景気と同義語として誤用されるのも自然なことでしょう。

今後の日本の政策として消費税は5%から、8%へ、そして10%へと上昇が予定されています。
これらの消費税増税はデフレを止める2回のカンフル剤として効くことでしょう。是非、安倍内閣には8%への増税でのインフレ効果を成果として早めに更にその上の消費税増税の筋道を引いてくれることを期待しています。

グローバル化の流れはますます進み、より安いものが日本に入るデフレ傾向はまだまだあと10年と言わず20年以上続くことでしょう。そのデフレ的な流れを緩和し、財政を破綻させないためにも消費税増税は日本に必要な施策でしょう。

Comment(26)

コメント

1989年の消費税導入の後にバブル景気になったのは、消費税導入したからではなく
「物品税の廃止」によるものです。
消費税導入は高額商品にとっては増税ではなく減税だったのです
だから高額商品がよく売れて、結果バブルへつながるのです

それがなかった97年は純粋に増税だったわけで、(便乗値上げによる)インフレ効果はわずかであり
逆に増税分の可処分所得が減り3年後移行デフレへ転じています

今後2回の消費税導入がありますが、その場だけのインフレでは意味が無いのです、
消費税増税に合わせ、それ以上の所得税を減税をしなければ、インフレなんて継続しないし
景気も良くならないと思います

NN

97年の消費税増税で、一時的に物価が上がったあとの「税収減」はどう説明されるんですか?
目的と手段の段取りがぐちゃぐちゃになってる感じがします。優先順位の筆頭は税収アップであってインフレでは無い。ちなみに料理されますか? 優先順位=段取りを間違えると、命取りだと思います。あと、デフレ=不景気ではないかもしれませんが、それを前提に経済予測をするのは金融業の観測ならわかりますが、経済評論としては職務放棄に近いと思います。過度なグローバル(有名企業の納税逃れもG20で共通懸案化しましたね)を如何に上手に制限するかという「トレンド」を無視して今後20年を語らないでいただきたい。
あと、池田氏は、経済論的には既に一度破綻して大恥をかいてます。
個人的には彼は政治問題だけ聞く事にしています。

坂本英樹

姫さん:
1989年の物価は確かに詳しい分析が必要でしょうね。自動車の3ナンバー重税がはずれて「シーマ現象」と呼ばれた高級車シフトは確かにありました。一方、1997年の消費税増税によるインフレはより直接的に消費税増税の影響が考えられますね。一時的なことなのは確かですが、今回は2回上げることが合意されており、更に今後も上げるという方針を出すと「インフレ予想」が続くことになるでしょう。

坂本英樹

NNさん:
ここは消費税とデフレ(物価の持続的下落)について絞りませんか?話が拡散しても終わらないので。
デフレ(物価の持続的下落)は、他の国も過去経験しています。日経のこの記事が分かりやすいです。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1300I_T10C13A9SHA000/ "世界も悩んだ脱デフレへの道程。過去800年の物価史を調べた日大教授の水野和夫は「日本が参考にすべきは19世紀までの欧州。異なる価格体系の経済圏が融合し一物一価に収束する過程でデフレが長引いた」と指摘"されているような長期的デフレ基調にいる中で、便乗値上げという副作用を伴う消費税増税を複数回持続的に行うべき絶好のチャンスに日本は居る、そう考えます。

minoru

物価が上がる下がるも問題だけど、でも本当の問題は消費税が上乗せされればされるほど「売る側」は利益を必然的に削られるということ。しかもすべてのものに。ということはすべての産業、業界に不利益をもたらすということ。買う側にもいいことはない。さらに消費が減れば税収も減る。なんでこんな自然なことがわからないのですか?物を売ったことありますか?難しい用語や強引な理屈はいらないはずです。

坂本英樹

minoruさん:
お気持ちは分かるのですが、消費税はまんべんなく課税されて新しい税率が「当たり前」に変わります。更に次の増税も見える中で、耐久消費財は早く勝った方が得という状況に変わりはありません。
消費が減るといっても、税収がトータルで減るほど落ちるのかは自明ではありません。97年はバブル崩壊、山一破綻の前でしたが今回は時期が違うと私は予想します。

minoru

3%から5%に税率が上がった後に自殺者が急激に増えたのを憶えていますか?日本の消費税は「まんべんなく」課税されるため、豊かな人にもそうではない人にも負担が押し寄せます。じりじりと。まるで淘汰されていくように。「当たり前」の範囲内で生きていける人にはいいのかもしれませんね。
消費税率が上がれば多くの企業が利益をあげずらくなり、消費者は消費意欲を無くしていく。そんな中、企業はどう利益を上げていくのでしょうか。ゆえに法人に対する減税対策は効果があるとは思えません。それに現状で法人税を払っている会社がどれほどあるのでしょうか。ごまかされてませんか。すくなくとも消費税率アップと法人対策は繋がっていないと思います。間違ってますか?デフレ脱却前の消費増税は、また長い長い低迷時代へ入口です。消費税は日本国民全員の「生命」に直接かけている税金だと思います。人々の経済活動にも命にも、あまりに当然で日常的に、厳しく影響してきます。
ゆえに景気に多大な影響を及ぼすのです。そんな中、国はどうやって税収を増やしていけるのでしょうか。安倍さんには「どんでん返し」を期待していたのですが、あの人もまた「同じ人」になってしまいました・・・。

デフレがスタグフレーションになったら、何か変わるのでしょうか?
イギリス、ギリシャ、イタリア、消費税増税で立ち直った国はありませんよ。

坂本英樹

幸福賢者さん:
デフレからスタグフレーションは比較にあまりなってません。デフレからインフレへと不景気から好景気です。そして、デフレと不景気が混同されているようにデフレで、今日じゃなく明日買えば安くなる状態は不景気を招く、いわゆるデフレスパイラル要因です。
世界的にデフレ傾向にあり、発展途上国の値段に先進国が合わせている状況でデフレ圧力は続いています。そこで、人工的に物価を上げる施策、持続的消費税増税はデフレスパイラルを抜けるのに有効な施策です。スタグフレーションは嬉しくない状態ですが、財政赤字の目減り、高齢者に多い資産家から勤労者への所得移転の流れとしてデフレスパイラルよりは望ましい、少なくともこの20年に欠けた動きであり、1970年代に戻れるというメリットが大きいと思います。

minoru

大間違いではありません。それは言い過ぎです。100%ではないにしろ、少なくとも消費税は景気とも自殺者数とも関係しています。
消費税は購入意欲も、利益も減少させる、良くない税金です。そんな「減」を常に意識させる消費税が、良いものを生んでいくとは思えません。国民ひとりひとりのそんなマイナスイメージが不況を起こしていると思いませんか?そんな状態にしているのは消費税が一役買っていませんか?
税率を上げる前に脱税分の回収をすれば相当集まるはずです。それに消費税の戻しなんていうものもある。さらにみんな忘れているかもしれませんが、消費税を徴収する最初の目的は「所得税」を減らすためだったのです・・・。ああ、いつのまに・・・。
そして新聞発表では消費税賛成が50%以上なのに、「法人関係の減税などは賃上げに繋がると思う」は20%そこそこ。明らかにおかしな人がいる。深く考えていない人がいる。

坂本英樹

minoruさん
お気持ちは分かりました。ただ、理論的な反論は他の方も無いようなので、議論としては終わりですね。

oi

消費者がデフレと不景気を混同しているのと同様に、インフレ → 好景気と混同しているのも筆者の過ちかと
その根拠がどこにも説明ありません。

私は今回、消費税が上がろうと買い溜めはしませんし、上がった後は余計買いません。
ひたすら我慢する事が増加するだけ。

スイーツも食べず、コーヒーも買わずに、腹が減ったらオニギリを食べて番茶を飲み、甘い物が食べたくなったら食パンの耳に砂糖湯を付けて食べる事にします。

自分の内部留保は幾らあっても老後には足りませんし
今の若い人達と一緒で
「クルマを買えばトヨタの社員のボーナスが増えるだけなので買わない。 環状3号線の内側に住んでるから地下鉄で移動は十分。」
「電気製品を買えばソニーやパナの社員のボーナスが増えるだけなので買わない。 アイツら死ねばいい」
「マンション買ってもゼネコンや不動産屋のボーナスが増えるだけなので買わない。 アイツら死ねばいい。 老後は不正蓄財して生活保護貰えばいい」

こんなもんですわ。

マクロ成長続ける溜めには弱者へのツケが伴いますが、もうそれが破綻しているんでしょうね。
経産省も ケインズや高橋是清や宮沢喜一に傾倒している官僚が多いと聞く一報で、フラット35 にローンを切り替え済の人が大量にいると聞きます。

今回はネバダレポートみたいな都市伝説の予想が100%当たりましたし、もう既に何年か前に既に終わってたんじゃないでしょうか?日本は。

坂本英樹

oiさん:
「インフレ → 好景気と混同している」とおっしゃいますが、デフレスパイラルの、「値上がりするなら本当に要るものだけ買おう」という行動から変わる契機であり、重要なポイントと私は認識しています。ただ何十年もデフレが続いて在庫を減らす行動が染みついているので、当面はあなたのような方がけっこう多いだろうと予想します。
それでもマンションや自動車の売れ行きはよくなり、企業倒産も減っているのでお金がある人からだんだん変わりそのうち広く波及するのではないかと思います。

kobuna

たまたま見かけたのですが、酷いものを書いていますね。
何をどう勘違いすればこうなるのか、それをより詳しく知りたいと思えるほどです。

まず、商品により高い値段を付けてさえ売れる、これは需要<供給の状態では難しい。
下手にそんな事をすると別の店にお客を取られてしまうからです。
そしてそんな社会では失業者や会社の倒産も増えてしまう。
今の日本がそんな状態です。

で、消費税増税で何がどうなるのです?
●元々売れ残る様な商品に前よりも高い値段を付けて売らないと以前と同じ儲けが出ない。
こんな状況をインフレと呼んでも悪い状況は変わらないはずです。

●前倒しの買い物がある。
この効果は長くは続かないはずですよね?
欲しい物を買い終わった人達がその後消費を減らすという反動だってありそうです。
それでも需要<供給が改善し、そんな状況が維持されていく理由は何でしょうか?
すぐに失業者や倒産の増えやすい社会に戻ってしまう、というのが妥当な展開だと思いますよ。

あなたの中では前倒しでの買い物が増えた後で何が起こる予定なのでしょうか?
特効薬などと言っていますが、せいぜい痛み止めになるくらいだと思うのですけど。

坂本英樹

kobunaさん:
ここは消費税増税で、デフレ(持続的物価下落)からインフレ(物価上昇)への的効果があるかに絞っています。そこの反論をいただかないと無意味と思います。将来的なさらなる増税がある状況での中間的な増税という予測が続く今回の措置は、インフレ的予想が続き、デフレ脱却の効果がある という点は反論いただけていませんね。

kobuna

特効薬とまで書いているのに何なら説明できるのでしょうか?
あなたの書いているものはだいたい理解したつもりですよ。
ようは、お金を使わないと損だという気分にさせることで需要<供給を抜け出そうという話でしょう。

しかし、抜け出してもそこから需要>供給が続くくらいの消費が無ければ再び不況に戻るでしょう、という指摘ができます。
しかも後には商品に高い値段を付けて売らなくてはいけない状況と、欲しい物を一通り買い終わった人達の消費が減るという展開が待っています。
再び同じことを書くようになってしまいましたが、「かりにデフレ脱却の効果があろうと所詮は副作用付き痛み止めですよね、」という事ですよ。

痛み止めにすらならないかもしれない事への指摘が欲しいというなら、それはそれで考えてみますけど?

坂本英樹

kobunaさん:
実際のところ、消費税率は25%とかあたりまで上げていかないと財政がもちません。そんなビジョンを正直に示して、毎年1%ずつとかこまめに上げていく方針を示すことで、デフレ傾向が続くグローバル化が進む当面の日本にいい薬として持続しうることでしょう。

kobuna

自分の頭で解決策を考えようという姿勢は素晴らしいと思います。
ただ、経済で先生と呼ばれる人達の話に頼っている部分が多すぎるのではありませんか?
土台が悪ければいくらそこに何かを重ねても無駄です。

経済で先生と呼ばれる人達にはやる気なんて無いですよ。
あなたのように「こうしてはどうか?」という知恵を出そうともしない。
また、政府が毎年膨大なお金を借りて使っているはずなのにそれでも過剰貯蓄になっている、こういった異常事態に対しても鈍感です。
それでいつまでもくだらない話をしている。

消費税を上げないと財政が・・・
この話も無視していいですよ。
過去の消費税増税による恩恵が現在にありません。
現在の税収を見てもそう言えるし、財政を見てもそう言える。
ですので、消費税増税を熱心に勧める話と「大変だ」という話は矛盾しているんです。

イジっても無駄そうな部分を指摘しつつ、
やらないと政治家を非難、やって効果が無くても知らん顔、これが先生と呼ばれる人達だと私は思ってます。

minoru

坂本さん、確かに消費税は一時的に物価を上げる効果があるようですね。その点に反論はありません。でも本当の物価上昇、デフレ脱却になるとは思えません。消費税の上乗せで物価が上がったような錯覚をおこしているのではないでしょうか。自販機のジュースの話は特定的すぎます。
あと消費税25%まで上げないと財政がもたない、と坂本さんもおっしゃいますが、国の借金1000兆円のことをいっているのでしょうか?では逆に日本の資産が600兆円以上あるといわれていますが、この資産は世界一と言われています。なのに消費税率は上げる。その点はどう思いますか?
坂本さんの言う消費税(特効薬)によるデフレ脱却とは、良い脱却ではなく、脱却したはいいが悪い場所へ脱却だと思います。決して景気回復の方向ではないと思います。

シェイブテイル

消費税増税では確かに見かけのCPIは上がりますが、それは民間のマネーを政府が引き抜く際に見かけだけ上がるだけです。 単に見かけだけ。
消費税増税は普通に考えて民間のマネー循環を減らすデフレ要因ですし、現実に98年以降CPIは0%前後、GDPデフレーターはマイナス1%、そして雇用者所得はそれ以上減っています。

坂本英樹

シェイブテイルさん:
見かけだけじゃなく、「便乗値上げ」を誘発して物価上昇効果が大きいのが今回の増税です。「4月の東大日次物価指数」にも値上がりが顕著と既報の通りです。
1998年の後は、経済のグローバル化やデジタル家電類の値下がりでデフレが顕著で今もその傾向が続いています。逆に言うと、まだ当面は世界的なデフレ傾向が続いているので段階的消費税増税でそのデフレの痛みを緩和するチャンスです。物価が下がるが常識だから買うのを我慢するというデフレ心理を値上がりするかも、増税も続くしというインフレ心理に変えることができます。10%への増税で打ち止めにすべきでなくて、今後まだまだ上げねばならないと宣言することが重要と考えます。

匿名

消費増税で上がるのは物価ではなく価格でしょう。

しかも全ての商品・サービスが消費増税分価格に転換されない分物価はむしろ下がってデフレ促進になりますよね

hide

消費税増税のせいで実質消費が野田政権時代よりも低くなっているのですが?
この状況でもまだデフレ脱却しているという主張をするんですかね?
そして財政破綻とかトンデモ語るの、やめてほしいですね。
「国債」は100%日本円建てであり、独自通貨国で通貨発行権あるわけですよね。この状況下、財政破綻がどういうシナリオで起きるのでしょうか?

ノリ

稲の実が成る前に稲を8%刈り取ってしまう
これが消費税
消費増税でデフレ脱却なんて、できるわけ無いだろうに

ノリ

企業が消費税を商品価格に転嫁した場合→消費者の可処分所得が減ります
企業が消費税を商品価格に転嫁できなかった場合→その企業の従業員の賃金が減ります(最悪の場合、企業倒産)

いずれにしても消費税は景気に悪影響しか与えない
物価は上がるけど賃金上がらない(最悪の場合失業で収入ゼロ)という悪いインフレしかもたらさない

コメントを投稿する