デマンドジェネレーション&パイプライン志向で、「測れて、報われる」BtoBマーケティングのために

「事実」は当事者の数だけある ‐ 烏賀陽弘道氏を反面教師に

»

芥川龍之介の有名な小説「藪の中」が説くように、「事実」当事者の数だけあると思います。事象は一つであっても当事者はそれぞれの主観で起きたことを解釈して記憶し、理由づけます。その結果、暴言があったのか?言語道断の失礼な振る舞いがあったのか?そして暴力があったのかさえも相対的な当事者それぞれに違う「事実」として残ると思います。

以下は、Togetter  烏賀陽弘道氏「福島県南相馬市の津波被災地(海岸部)に行くたびに、身の危険を感じます。そこで囲まれ、殴られ、つばをかけられる。レンタカーがボコボコにされる。」  http://togetter.com/li/524179#c1131558

からの主要なTweetの抜粋です。

#2013/6/26 追記 「ウガヤも南相馬の治安が悪いなんて書いてないよ。」とコメントいただいたのでで、「ニューヨークのサウスブロンクスでもここまで危険ではない。」という烏賀陽氏のツイートを追加しました。

烏賀陽氏のTweetより

公道で写真を撮っていただけで住民に言いがかりをつけられ、囲まれ、殴られ、

有田氏のTweetより

写真を撮られて、「このメッセージは偽善だ」と暴言を受けた。

elan氏のTweetより

誰もアイツを殴っちゃいない。殴ろうとしたのはオレだ。mtkzに羽交い締めにして止められたけどなw

結局諍いが起きたらそれぞれに言い分があるでしょう。フリージャーナリストの烏賀陽氏は取材で公道から写真を撮っただけと言う一方で、写真を撮られた側は、一周忌の日に意に反した写真を撮られて暴言を受けたとなることは、起きうる事象と思います。

ただ、問題はいさかいの当事者たる烏賀陽氏が、自身の怒りを、福島県南相馬市の津波被災地(海岸部)は治安が悪いとか、いきなり見の危険を感じるような場所だと、取材に基づく事実かのように語ったことでしょう。
本人の体験だから自信満々で問題ないと思っているのでしょうが、逆に当事者だから見えなくなっている事実があると思うわけです。

その、烏賀陽氏が写真を撮っただけで、暴行を受けたと主張し、烏賀陽氏が「「偽善だ」と暴言を吐いたと指摘されている、イルミネーションは非常に大きな意味があるものでした。特に震災から一周忌という鎮魂の日にとって

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201112120595.html

asahi.com(朝日新聞社):「置き去りにしないよ」電飾で慰霊のメッセージ 南相馬 - 東日本大震災 via kwout

何が事実かはわかりませんが、一つ教訓として得られることは、「事実」は当事者の数だけあること、そして、ジャーナリストが当事者になってしまった場合は、自分が感じた事実を語るのを慎重にすべきということです。 烏賀陽氏はこんな負け惜しみを語っています。しかし、ジャーナリストならたとえそう思っていたとしてもそれをジャーナリストの手法で語り広めるのは反則技で、かっこ悪くて、恥ずかしいことだと思います。

そして、今からでも遅くないので、取材というのは当事者に痛みを与えうるし、時には「取材の暴力」となりうることを知って欲しいことです。たとえ自分が正しいと信じていても間違っている可能性を考えて、取材対象に対して尊重し謙虚であるべきだと思います。

Comment(13)

コメント

あめみや

「当事者の数だけ事実はある」と言いながら、ウガヤ氏個人の主張を一方的に裁断する内容になっていてフェアではないと強く感じた。
中立なモラリストを装っている分、非情に傲慢で悪質であるという印象も禁じ得ない。
「ジャーナリストは慎重であるべき」と書きながらも、自身が慎重さに欠ける記事を書くのはいかがなものか。
残念だが、扇情的で時期尚早な内容の記事と言わざるを得ない。

himmels

確かに、書き手が先入観というか誤解というか、思い込みに気づけていないらしいことは否定できません。そのため文中の主張も自家撞着に陥ってしまっています。残念。
でもきっと感情的な訴えに共感してくれる人もいると思います。ただそれなら、はじめから感想文として提示しておく方がいいでしょう(当事者間の感情的対立を第三者がいたずらに煽ることが目的というのなら、それで構いませんが)。
事実は当事者の数だけある、それは確かに事実ですが、書き手が自分の思い込みを事実かのように書いてよいことの言い訳にはなりえません。事実と感想を区別できない(あるいはしようとしない)のは、書き手にとって致命的な欠陥であり、怠惰でしょう。

坂本英樹

結局、主観の数だけ事実があり、「中立」で書くには事象から離れた観察者として一次情報に当たり自分なりの基準を作る必要があるというのが私の主張です。

F.T.

タイトルって難しい…。

和上

坂本様
>>一次情報に当たり自分なりの基準を作る必要がある
坂本様は当事者双方の話を聴き取りしたのでしょうか。当事者一方の、それもツイッター上の信憑性に欠ける情報を鵜呑みにしているだけではないでしょうか。せっかく記事にするのでしたら、ちゃんとした記事を書いて欲しいものです。坂本様の「中立」という主張も、完全に宙に浮いてしまっています。

川村

いい加減、ソーシャルメディア上での議論は不毛だと気づくべきだと感じています。なぜジャーナリストや本を書いているような方なんかが感情的な議論をするのか理解できません。紙媒体の方はWEBに強くないのでしょうかね?

「いきなり見の危険を感じるような場所だと、取材に基づく事実かのように語ったことでしょう。」

「身」が「見」になってますよ(^O^)

秋田

マジョリティの意見をそのまま記事に反映することが客観性や中立性の証だと考えておられるのですか?
だとすればそれは大きな間違いです。
また冒頭の「事実が当事者の数だけある」というお話も、聞こえのよい一般論であって書き手にとっては格好の逃げ口上であり、無責任に聞こえます。
ジャーナリストたちは主観の束からどうやって客観性や事実を抽出するか、そのテクニックをしっかり蓄え心得ていますし、そのために努力しているんですから。
方法がわからないのだとしても、せめて努力はすべきです。
今回の記事からはジャーナリズムに名を借りた「数の暴力」しか読み取ることができませんでした。
今後に期待します

被害者がなんで責められるん?
これっちセカンドレイブやないん?

坂本英樹

殴られたと主張する人が被害者なのか?命日に暴言をうけて殴りかかったけど止められたという人が被害者なのか?そして、烏賀陽氏は違う日に暴力を受けたとも告白されているけど、事実の確認はできず、ただ南相馬の治安が悪いと、語っていて真相は全くわからないと思います。
ともあれ、ジャーナリストなら取材対象に対する敬意とか、怒りを買う要素があったのじゃないかとかもうちょっと想像力を持つべきなんではと思います。

こうじ

「写真撮影で複数の地元民に絡まれて、暴力を振るわれそうになり、警察沙汰になった。」

お互いの言い分から共通項を取り出しました。率直に言って怖いです。公道からの撮影とプライバシーというグレーな問題はあるものの、それで荒っぽい連中に囲まれるというのは、かなり乱暴な話です。グーグルカーに問題があっても、取り囲んで運転手を引きずり出したりしたら問題でしょう。

但し、仮にウガヤの言い分が本当だとしても、「助けたいと思って自腹で来た」という弁明は怒った人達には「火に油」だったと思います。ジャーナリストとしては、そういう点に無自覚であると思います。

ウガヤの撮った写真が上がってますが、トラブルの時間は相当長かったと想像します。警察を呼んだ人物の写真は明るいが、トラブルから開放された時の写真は真っ暗です。やはり人通りの無い夕方から夜にかけてそういう目にあえば、さすがに恐怖は大きいと想像します。

( - _ - メ)

坂本さんブーメラン。
取材もしてなければ、ウガヤにも南相馬の人間にも敬意を払ってない。
ウガヤも南相馬の治安が悪いなんて書いてないよ。
ちゃんと調査して。すごく迷惑だから。

じじい

「治安が悪い」という言葉を使ったかは知らんが、

「ニューヨークのサウスブロンクスやイーストロサンゼルスでも道路でカメラで写真を撮っているだけで住民が襲ってくるなんて危険はなかった。南相馬市の海岸部(20キロライン北側)は本当に怖い。」
「福島県南相馬市の津波被災=海岸部。別に私有地に立ち入ったわけでもなく、公道をカメラを持って歩いていただけ、あるいはカメラを構えていただけで住民が有無を言わせずに「この野郎!」と殴り掛かってくるという環境は非常に危険です。ニューヨークのサウスブロンクスでもここまで危険ではない。」

似たようなもんだわな。

平井

坂本さんは事実関係をまだ整理できていなくて、自分が何を書いてるかも全くわかってないんじゃないかな。
「主観の数だけ事実があり、『中立』で書くには事象から離れた観察者として一次情報に当たり自分なりの基準を作る必要があるというのが私の主張」ってあるけど、坂本さんもネット上の二次情報にしかあたっていないでしょ? しかもそれさえ、ちゃんと読み解く事ができてないんだ。
これなら「うがやさんが嫌い」って一言書く方が、よっぽどいさぎよくてまともに思えるよ。
気がついてないのかもしれないけど、坂本さんのやり方はすごく卑劣だし、陰湿だよ。

コメントを投稿する