デマンドジェネレーション&パイプライン志向で、「測れて、報われる」BtoBマーケティングのために

中日新聞、大飯再稼働なくても余力 ?で学ぶ。詭弁を暴く3つのポイント

»

 関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力 via kwouthttp://www.chunichi.co.jp/s/article/2012071890094758.html
という7/18の中日新聞:記事。と図1

実は見出しやグラフの印象とは全く逆の事実が隠されています。著名経営者も騙された?もしくはわざと拡散した https://twitter.com/masason/status/225598698216890372
その印象とは違う事実を表で解説しましょう。

詭弁のポイント1:グラフと見出しや本文がずれている
グラフは印象を決める重要なポイントです。ただ、それは「伸びてる」とか「厳しい」とかそういう情勢を直感的に感じるものであって、論理的に何についての状況かを決めるのは、見出しや本文の文字です。
この二つが相まって、論理的かつ感情的に情報が伝わります。

事実を伝えるにはこの二つは一貫している必要がありますが、中日新聞のこの記事では

見出し:原発再稼働無くても余力
グラフ:原発再稼働前後の供給力と需要を比較

とずれた違うものを並べています。そして、グラフで大飯再稼働に余裕が生まれたという差分、562万kwを目立たせて余裕があるという印象を刷り込みつつ、見出しの「無くても余裕」という言葉で印象を操作しています。

詭弁のポイント2:都合が悪いデータはグラフから除外する
記事を冷静に読まれた方は、18日の記事なのにグラフに17日のデータが書かれていないことに気づかれたことでしょう。本文では触れられているのでさも問題ないように見えるかもしれませんが、ここがポイントです。

記事では

 政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。政府は夏場の電力不足を理由に強引に大飯原発の再稼働に踏み切ったが、節電効果など需要の見通しの甘さが浮き彫りになった。

とあり、
17日の最大需要2540万kwの青緑の線、
2540kwで10%の供給余力なので供給力2822kwという紫の線を伸ばし、最高気温も追加しました。
Chunichi2012kepco_4
図2(中日新聞社の図を元に筆者が加筆)
一見して分かるのは、17日の需要2540万kwは大飯フル稼働前の供給力を超えているということです。そして、16日以前に9%余裕があったという記事から、計算すると
2310÷0.91 = 2538.462
で原発再稼働無しの供給力は約2540万kwだったことが分かります。

詭弁のポイント3:都合が悪いデータは記事中で触れない、基準を変えてごまかす

そして、詭弁の極めつけは比較する数字をずらして問題を隠すことです。
16日以前は余力9%、17日も余力10%と書きながらその分母というか、意味するところがずれています。揃えて表にすると以下のように、なります。太字は記事に書かれた数字です。                             

  最大需要 原発稼働なし供給力 再稼働無し余力 再稼働有り余力
16日以前: 2310万kw 2540万kw 9% 18%
17日: 2540万kw 2540万kw 0% 10%

それぞれ余裕が同じようにあるように見えつつ、見出しで提示した話題の 「再稼働なしで余裕」という見解に対して隠された数字、余力ほぼ0% という見出しに反する記事が書かれていません。

もちろん、供給余力は逼迫度合いで融通しあいどうにかするように電力会社の方々は努力されているわけですが、17日の猛暑はかなりのひやひやものだったという事実に対して全く逆の記事を書く新聞社があるわけです。

「需要見通しが甘い」と記事で書きつつ、実は再稼働しなかったら危機的状況だったことを隠す中日新聞社の報道姿勢は大いに疑問であり、なぜ他紙が問題視しないのか?大いに疑問に感じます。私の試算は他のデータとダブルチェックしておらず何か間違いがある可能性はあるのですが、いずれにしろ、「不都合な真実」を隠した中日新聞社の姿勢が問われる、そんな記事でしょう。

Comment(7)

コメント

坂本英樹

はてぶコメントへの返信です。
> xevra さん
> 供給力不足に見えるのは揚水の稼働率をわざと下げているのと民間からの電力の購入をわざとやらなかったから。
中日新聞の見出し、グラフ、数字の拾い方を問題にしています。主たる論点から外れて主張されても仕方ないかと。

坂本さん

原発の話題は「touchy」な話題なので、
コメントすべきかどうか、やや躊躇したのですが。。。
以下の一節は、やや実情と異なるのではないかと思いましたので。

『一見して分かるのは、17日の需要2540万kwは大飯フル稼働前の供給力を
超えているということです。そして、16日以前に9%余裕があったという記事から、
計算すると(中略)原発再稼働無しの供給力は約2540万kwだったことが分かります。』

なるべく簡潔に述べたいと思いますが、
グラフにある「供給力」と「最大需要」の折れ線が、
ある程度連動するカタチで相似形を示していることから考えて、
この「供給力」は「その日に限界まで発電できる能力の上限」を表すものではなく、
その日の「最大需要」を見越した上であらかじめ予定しておく「準備高」のような性質
の数字であると愚考します。(どこかでそのような記事を読んだ記憶があるのですが、
「ソースは?」とか聞かれると困るので、小生の推論と思ってください。)

非常に大雑把な比喩でいえば、上記の「供給力」とは、
野球の試合で「今日はピッチャーを何人ベンチ入りさせておくか」
というような「読み」の数値なのではないかと推論します。

その喩えでいえば、電力需要の大きかった7月17日は、
謂わば「2822人のピッチャーをベンチ入りさせ、2540人をマウンドへ送った」
ことになるのではないかと考えます。

ウィキペディアおよびニュース記事によれば、
再稼働した大飯3号機の定格電気出力は「118万kw」。
さらに、これに連動するかたちで揚水発電分の「53万kw」が加算されます。
(大飯3号機の夜間の電力で汲み上げた水で発電可能となる分)
これらの合計は「171万kw」となります。

先ほどの野球に喩えれば、
7月17日に登板した「大飯出身」のピッチャーは「原子力型」118人と「揚水型」53人、
合計で171人のがマウンドに立った計算になります。

一方、「大飯出身」ではない残りのピッチャーは、2561人がベンチ入りし、
実際にマウンドで投げたのは2258人であったという計算になるのではないかな?と。
(余剰分は全て「大飯出身」ではないピッチャーを温存することで調整する前提で)

前置きが長くなりましたが、
坂本さんの表の数字で「原発稼働なし供給力」の列の数字が、
「16日以前」も「17日:」も「2540万kw」になっていますが、
ここが実情とはやや異なるのではないかと。

さきほどからの野球の喩えのままでいえば、
「大飯出身」のピッチャーの定格出力は(急に出したり止めたりできないために)
ほぼ一定だとすると、表にある「原発稼働なし供給力」の列は、
「16以前」の分は:2310÷0.91 ≒ 2540万kwであったとして、
「17日:」の方は:2822-171 ≒ 2651万kw程になるのではないかと思われます。
(この時点で大飯3号機由来の電力[原子力+揚水]は171万kw以上にはならないため)

この計算以外に、さきほどの野球の喩えでいえば、
「この日はベンチ入りさせていないけれども、登板させれば投げられるピッチャー」
に相当する潜在発電能力がどれくらいあるのか、あるいは無いのか、
これについては知る由がありません。

以上、長文の乱筆悪しからず。。。
(計算が合っていればいいのですが)

スミマセン、以下のパラグラフで誤記がありました。orz

[誤記]
一方、「大飯出身」ではない残りのピッチャーは、2561人がベンチ入りし、
実際にマウンドで投げたのは2258人であったという計算になるのではないかな?と。
(余剰分は全て「大飯出身」ではないピッチャーを温存することで調整する前提で)

[訂正]
一方、「大飯出身」ではない残りのピッチャーは、2651人がベンチ入りし、
実際にマウンドで投げたのは2369人であったという計算になるのではないかな?と。
(余剰分は全て「大飯出身」ではないピッチャーを温存することで調整する前提で)

「2369人」の計算根拠:
2540人(7月17日の最大需要)-171人(大飯出身分)=2369人

何度も失礼します。
上記の朝日新聞の一節「7月8日は故障中の1台を含む計14基、
700万キロワット以上の火力発電所を止めて、供給力を抑制した。
当日のでんき予報上の使用率は「78%」だったが、
停止火力の供給力を加えると、使用率は60%に下がる計算だ。」
を根拠とした場合、7月8日の「当日実績の最大値(1704万kw)」
を元に「停止火力の供給力」も含めた「供給力」を概算すると、
1704万kw÷60%=2840万kwとなると思われます。

ここから大飯3号機の定格電気出力(118万kw)と、
連動して増大する揚水発電分(53万kw)の合計171万kwを引くと:
2840万kwー171万kw、すならち「約2670万kw」が原発を除外した
関西電力の潜在的発電能力の上限に近い数字であると思われます。

ここには、たとえば大阪ガスが保有する泉北天然ガス発電所(110.9万kw)
の能力が含まれるものと見なすべきか、外数と見なすべきなのか、
現状ではよくわかりません。

こうした疑問に対しては、関電側から積極的に説明責任を
果たしていただくことを期待したいと思います。

必須

こんにちは。
<17日の最大需要2540万kwの青緑の線> を付け足されていますが出典はどこですか。
関西電力が発表した数字ですか。ぜひ追記を願います。

坂本英樹

必須さん:
出典は、引用した文中にある中日新聞の記事「猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。」です。ここでの10%以上の供給余力は原発が再稼働できたから生まれたものであり、まったく見出しやグラフと記事本文があっていないという詭弁新聞、中日の特長があらわれているところです。

コメントを投稿する