記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

"妻が家で「夫 死んで欲しい」を『Google』でよく検索している?"という誤解が生まれるまで

»

Googleでは予測検索機能を提供しています。そこで、検索窓に "夫"と入れた後、スペースを空けるといくつかのフレーズが候補に上がるのですが、その筆頭に、"死んで欲しい"というキーワードが出て674,000件 と相当な数のページがヒットし、その後にも、"嫌い"、"言葉の暴力"とかの強烈な単語が並んでいるのが話題です。

http://getnews.jp/archives/37384

ひょえ~! 『Google』で「夫」のあとにスペースを記入すると! - ガジェット通信 via kwout

ガジェット通信が心配するように

結婚は墓場というジョークがあるが、まさに本当の墓場だと感じている妻が多いのだろうか? 自分がせっせと働いているなか、妻が家で「夫 死んで欲しい」を『Google』検索していると思うと、背筋がゾクっとする。そんな人もいるのではないだろうか? ちょっと知りたくない事実であった……。

という事実はあるのでしょうか?

私は、二つの点から、全く間違いじゃないけど、実はそういう妻は多くないと推定しています。

論拠1:"死んで欲しい"での推測検索についてのプチ祭りと2chまとめサイトにあった リンク
Google Trendsでの2009年8月の傾向で分かりますが、2009年8月28日から29日ごろに多く検索されていることが分かりました。ちょうどそのころに2chに投稿がなされて、まとめサイトも作られて "死んで欲しい"というキーワードの推測が怖い、ということが話題になったことが推測できます。

そのまとめサイトの中に、以下のような投稿があります。

66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/28(金) 18:26:14.80 ID:2Yp5jUqY0


これは・・・働くサラリーマン涙目wwwww
自分の妻は大丈夫とか思ってるオッサンいっぱいいそうだな

いろいろな推測がされていたようで、そこでとりわけ "夫"が多いという話題はありません。しかし、まとめサイトでリンクが作られた結果、 そういうフレーズで検索される、検索リンクがクリックされることが増えたということは推定できそうです。

推論2:Yahoo! Japanでの推測検索は、"夫" に続くのは、 "浮気" "小遣い 平均"Yahoohusband
また、家で妻が夫について検索しているand 検索はというヒントになるのはYahoo! Japanの推測検索です。ニールセン/ネットレイティングスでも家庭パネルではYahoo!強し という結果があります。

その家でよく使われている検索エンジンでの推測は、主婦がどういうときに検索しそうか、その利用シーンさえ思い浮かびそうな、言葉でした。

 
教訓:母数が不明確なことについては、疑ってかかるべし
今回の話題は、面白ければいいという側面もあるでしょうが、多くの妻が夫にどう思っているか?という話題に摩り替えられて、 35歳独身限界説 by @kazuyo_k を打ち砕くたった一対の映像  なんていうエントリーでも取り上げられています。 ただ、"夫"をGoogleでアンド検索するという数がどれほどあるのか?また、Googleは男性の利用率が高いということを考えると、「妻がこう思っている」と推定するのはすこし急ぎすぎたのではという気がしています。

今回の騒動は、思ったより 夫でアンド検索するという数が少ない中にいろいろな要因が重なって、強烈な言葉が浮かび上がったと考えるのが妥当でしょう。

>>>>>> ITとマーケティング関係のマスコミや関係者のフォローが増えてTwitterが楽しくなってきました。是非フォローして、交流を広げる一助にお使いください。
http://twitter.com/sakamotoh

お断り:
本ブログでの坂本英樹による投稿やコメントは、あくまで個人の主観に基づくものです。現在および過去の勤務先の意見や見解を表すものではありません。

Comment(12)

コメント

坂本さん

冷静な分析ありがとうございます。
生きる希望が湧いてきました?!(感涙)

X+)

廣江さんコメントありがとうございます。

ちなみに、Yahoo! Japanでもこの騒ぎの影響で推測検索候補に出るようになってますね。

わざわざトピックに挙げるほどのものでもないでしょ。
ゴシップ記事を信じるに等しいのでは?

田中山

はじめまして

坂本さんのおっしゃるとおりでしょうね。
ただ、その他のキーワードも胸に刺さるような単語ばかりで、特に妻との比較画像は非常に切なく感じました。全部が全部正しいとは思いませんが、こういう傾向があるのは事実かもしれませんね。

pさん、コメントありがとうございます。
けっこう、Twitterとかで「ショックだ」というエントリーが多くて、これはどうにか誤解を解かねばと思った次第です。

下らないこと、かもしれませんが、その背景を探る過程と手法は、エントリーにするに足るものだと自負しております。

田中山さん、コメントありがとうございます。

そうなんです、みなが信じたし、他の推測もけっこうとげとげしいですよね。ただ、妻が検索する回数としてはYahoo! Japanの方が検索数も多いはずで、サンプル調査として見ると、ちょっと気をつけて考えるべきノイズの多いデータだっただったように思います。

また、ついでコメントで恐縮ですが、アクセスランキング過去2日で1位をいただきました。lGoogleとITmediaのページランクのおかげだと思いますが、そういう場に見合うようながんばったエントリーを書いていくつもりですのでよろしくお願いします。

通りすがり

「死んで欲しい 」の推測検索についても異常であり、これは2ch祭りの影響だけでは説明できません。かつgoogleで検索すると概算の検索母数を見ることができます。

通りすがりさん
2点詳しく説明いただけると助かります。
>「死んで欲しい 」の推測検索についても異常であり、これは2ch祭りの影響だけでは説明できません。
「異常」というのは、常識と比べて?統計的に?2ch祭りだけとは私も思いませんが何か有力な要因がありますか?

>かつgoogleで検索すると概算の検索母数を見ることができます。
Googleキーワードツールですね。エントリーも書いていたのですけど、確かに忘れてました。

Googleキーワードツールで見ると「夫 死んで欲しい」で10月の検索数 58(グローバルで)でした。「夫 浮気」 12,100件 「誕生日プレゼント 夫」480件と比べるとかなり少ない。し、8月の「祭り」でそんなむちゃくちゃな検索数は稼げなさそうですね。

いずれにしろ、ロジックや辞書とかの複雑な仕組みの結果出る推測単語の受け止められ方が真に受けているひとばかりなのが問題かと思います。

ヨシキ

少々思ったのですが......
・検索する≒興味がある
・推測検索≒大衆の興味

そもそも、人間は異常なものに興味を持ちますよね。
家族や親戚の関係が良くないブログ等を調べる事自体、不思議ではない様な気がします。
要するに、『そいういう事を思っている妻を、多くの人検索した結果』から、「世の中、そう思っている妻が多い」という勘違いが起きているのでしょう。

暴力的な言葉などの推測検索も、「異常なものへの興味」では無いかと思います。

........と勝手に考えましたが、どうでしょう?

てすと「

そうかも

すみません

夫 死んでほしい

で検索したら、ここが出た。

何故「夫死んでほしい」を検索したかって?
夫が不倫していて愛人と同棲しているからです。

コメントを投稿する