海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

4000万人が遊ぶ超ヒットiPhoneゲーム「Angry Birds」、課金と広告モデルで月売上2億円超え

»

Toru_saito_300_2
Name_4
Blank


「Angry Birds」をご存知だろうか?

発売は2009年12月。日本ではさほど注目されていないが、米国、英国など、全世界で超ヒットを続けているiPhoneゲームだ。開発元はフィンランドのRovio社で、最も売れているのはiPhone版だ。

ただしゲームははやりのソーシャルゲームではない。Apple Game Centerに対応した、とてもシンプルなパズルアクションだ。ゲームがどんなものかは、こちらの動画を見ていただければわかるだろう。

 

超ヒットしたiPhone版に続き、iPad版、Palm版、Android版を開発。また、Season版など派生タイトルも登場。さらには、ニンテンドーDS、PSP、PS3向けも現在開発中だ。

で、この超ヒットゲームの収益モデルが公開されたので報告したい。

まずダウンロード数は4200万回に達しており、うちペイド・ダウンロードが1200万回。なんと30%近い有償率だ。(残り3000万回はFREE版である「Angry Birds Lite」、限定12画面のもの)

ダウンロード単価は国やプラットフォームによって異なっている。例えばiPhone版は米国で0.99ドル、日本で115円。またiPad版は米国で4.99ドル、日本で600円など。

ただ圧倒的にiPhone版が売れているので、シンプルに単価を100円と設定すると、1200万回 × 100円 = 12億円 を、約1年間で稼いだことになる。

しかも驚きなのはこの10月に発売されたAndroid版だ。Android Market は国によってルールが異なり、複雑なため、Revio社はFREE版として提供し、広告モデルにしたところ、なんとすでに月100万ドル(約8400万円)の広告収入があるという。

つまり、iPhone系からはダウンロード収入、Android版からの広告収入をあわせると、現時点では優に月間2億円を超える収入を単体ゲームであげていると予想される。

ちなみにRovio社は年初に社員数12名、現在は40名。かなりウハウハ状態のようで、今後は多面的なプラットフォーム展開、さらにテレビ広告なども検討中とのことだ。

とにかく、このゲームは愛されている。例えば、こんなトレーラー動画が、YouTubeで1100万回超も再生されているのだ。


iPhoneゲームは、ゲーム内課金をするソーシャルゲームはともかく、単純なダウンロードゲームで設けるのはかなり困難なこととされていた。が、はやり世界市場でのヒット作となるとスケールが違うようだ。

ということで、もし未体験の方がいれば、無料版もあるので、ぜひ試されてはいかがでしょうか?
ちなみにiPhone無料版は こちら です。


Check


記事裏話やイベント紹介、講演資料DLなど、In the looop ファンページこちら


【iPhoneゲーム関連】
iPhoneゲーム,アイテム課金で売上が劇的改善。ARPUがFacebookの6倍 (7/16) 
初月売上2300万円。有力iPhoneアプリ・デベロッパーがその舞台裏を公開 (7/13) 
アップル広告 iAd がアプリ救世主に。驚異のクリック率11.8%,CPM 13300円 (7/9) 



斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(6)

コメント

juis

「ちなみにiPhone無料版は こちら です。」
のリンク先が無料版ではありません。

斉藤 徹

juis様、大変失礼しました。また、ご指摘ありがとうございます。今、修正いたしました。

dd 

どんなゲームなのか全く紹介してないとはw

「売れてる、儲かってる」ってだけの記事かw

zz

>dd
あたりめーだろバカ
タイトルに課金と広告モデルで~って書いてあんの読めねーのか?

nn

このゲーム、引越し奉行のパクリっぽいぞ

tt

Crush the castleがオリジナルじゃない?

コメントを投稿する