海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

GoogleTV、驚異の全貌がついに明らかに

»

 
10月12日、ソニーからGoogleTV(世界初)が正式発表される(関連記事)が、その革新的な機能の全貌がウェブページで明らかになったので速報したい。

詳細を閲覧できるのは、GoogleがローンチしたGoogle TV websiteだ。

Google TV Website

このページに、Quick TourやFeatures、Get Itなど詳細な情報があるので、ぜひチェックを。

ここでは "Features" から機能が紹介してある部分をイメージ抜粋したい。またそのポイントを下記にサマリーしてみた。

Save_image2

■ 機能のポイント(上記イメージ内を上から順番に)

  • テレビ番組(クラウド上にあるマイリストを含む)、ウェブサイト、Androidアプリを、検索窓から共通のユーザーインターフェースでサーチできる
  • Flash10.1を含むブラウザで、ウェブをテレビチャンネルのように閲覧できる
  • 多様なAndroidアプリが標準装備(Netflix, Twitter, Pandora, Amazonなど)され、さらにAndroidマーケットから自由にダウンロードできる
  • スマートフォン(Android/iPhone)がリモコンになる
  • スマートフォンで閲覧しているビデオ、テレビ、音楽などをテレビに送信できる
  • Netflix(月$8.99)やAmazon($1〜)のVODサービスで、4万種類超の映画やショーを自由に検索、閲覧できる
  • YouTube動画もテレビ感覚で閲覧できる
  • テレビ、ウェブサイト、アプリをひとつの画面で同時に閲覧できる
  • ホーム画面をカストマイズ(テレビ、ウェブサイト、アプリのアイコンを自由に配置)できる
  • DISH NETWORKの衛星放送サービスで、多様なチャンネルの番組に対して検索や録画などができる
  • PandoraやNapsterの音楽サービスで、好きなスピーカーからアレンジした音楽を流すことができる
  • PicasaやFlickrなどさまざまな写真共有サイトを利用し、究極のピクチャーフレームを体験できる
  • 新しい家電製品を追加したときなど、無線で自動的に機能がアップデイトされる

 
う〜ん、ホントに革新的だ。日本での発売は未定だが、これを観てしまうと普通の買う気がしなくなる。もしくはホームユースではPCも必需品ではなくなりそうだ。

Save_image3

ちなみに、上記のように、これらの機能をゲットするために (1)ソニーのGoogleTV本体を購入、(2)Logitechのセットトップボックス(通常のテレビに取り付けられる)を購入 のいずれかを選択することができる。

言葉ではうまく伝わらないので、ぜひ、美しいGoogle TV Websiteをご覧あれ。

Google TV Website

 
 

Bookmark and Share

 
記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら


【GoogleTV関連記事】

Google TV、米国にて今秋登場。Google vs Appleトリプルスクリーン戦争の俯瞰 (9/08) 
YouTubeがターゲットをお茶の間にシフト - 超高解像度などを発表 (7/10) 
テレビとウェブの最適融合 ~ Google TVのインパクトと市場予測 (5/21) 

 

 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する