海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Twitterがついに1000万人超え。2010年8月度最新ニールセン調査

»
 

2010年8月度の最新ニールセン調査によると、ついにTwitterの国内利用者数(月次ユニーク訪問者数)が1000万人の大台を超えたことがわかった。 データ元は、ネットレイティングス社提供によるインターネット利用動向調査「ニールセンNetView」サービスで、対象は一般家庭および職場のPCユーザー。ただしTwitter訪問者には専用クライアント(TweetDeck, Hootsuite等)のアクセスは含まれていない。

Sns_2

2010年4月に、ついにTwitterとmixiの利用者数が逆転したというニュース(こちらも同調査)が流れたが、それ以降、実はTwitter, mixiとも1000万人ラインで停滞していた。

このラインは、日本のPCネット人口約6000万人に対して16%、ちょうどキャズムにあたる数字であり、ここを抜けて一般ユーザーが利用しはじめるかどうかが当面の焦点になるだろう。ただしTwitterの場合は専用クライアントのみからアクセスしているユーザーは含まれていないため、利用者はもう少し多いと推定される。

参考まで、Twitter社が9月4日に発表したTwitterアプリケーション・ベスト10(対象は2010年8月と推定)は以下のとおりだ。

Microsoft_excel
【Twitterブログ「進化するエコシステム」より抜粋 】


さらに2010年8月度、mixi, Twitter, Facebookの詳細データは以下の表のとおり。

Sns2

Twitterは利用者数で1000万人の大台を超えトップにたっているが、PVや総利用時間ではmixiと大きく差をつけられている。

Neilsen Companyが発表した2010年2月のSNSサイト平均利用時間(10ヶ国の平均)によると、Twitterは37分、Facebookは352分となっている。これと比較すると、日本のTwitterユーザーは47分と10ヶ国平均より多いのに対して、Facebookは35分と約1割程度の利用時間にとどまっており、まだまだ活性化に課題があることが見てとれる。


■ インターネット利用動向調査Nielsen Online NetViewに関して
インターネット利用動向調査Nielsen Online NetViewは、日本のウェブサイトの利用状況を毎週、毎月ウェブサイトごとにユニーク・オーディエンス(当該期間に1回以上、ウェブサイトを訪問/視聴したとされる、同一人物の重複を除いた推計利用個人数)などのデータとして契約顧客向けにネットレイティングス株式会社がレポートを提供しているものです。 詳細はこちらまで。
 
 

Bookmark and Share

記事裏話やイベント、講演スライドDL、バイラルムービー集など、Facebookファンページは こちら



【Twitterビジネス活用】

【Goo共同調査】企業ツイッター活用 ~ 大企業で「効果あり」が7割超 (8/6)
企業ツイッター活用における効果測定指標とツールについて (4/13)
企業ツイッター,国内外の活用事例を総まとめ (3/24)
ツイッター利用が活発な航空業界における炎上事例と未然防止事例 (3/16) 
世界のマーケッターが選ぶ企業ツイッター活用術 ~ 9つの超定番 (3/1) 
 
 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する