海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

Googleが「Android携帯は毎日16万台販売」と発表 - iPhoneを大幅に上回る驚異的なベース

»

iPad,iPhone4の華やかなデビューに目が移りがちだが,Androidはさらに凄い勢いで伸びている。

今日,Verizon Droidの最上位機種「Droid X」発表イベントで,GoogleのAndy Pubin氏(Android社の創業者で,現在はGoogleモバイルプラットフォーム担当副社長)が,「毎日16万台のAndroidスマートフォンをアクティベートしている」と語った。

ちなみに2010年5月のGoogle Developer's Conferenceでは10万台,さらに2010年2月には6万台をアクティベートしていると語っている。つまり,わずか1ヶ月で1.6倍,4ヶ月で2.7倍となっており,勢いは加速しているということだ。
  
そしてもうひとつ。1日16万台アクティベイトが意味するものは,月間500万台,四半期1500万台レベルという驚異的な出荷台数である。

参考まで,iPadは発売80日で300万台出荷。またAppleがIRで発表しているiPhoneの四半期ごと出荷台数は次の通りだ。

  • 2008年Q2までの約1年間 610万台
  • 2008年Q3 690万台
  • 2008年Q4 440万台
  • 2009年Q1 390万台
  • 2009年Q2 530万台
  • 2009年Q3 740万台
  • 2009年Q4 870万台
  • 2010年Q1  875万台

この事実を組み合わせると,すでに期間販売台数ではAndroidがiPhoneを上回っていると推測される。

おそるべし,Android携帯。iPhone4が出荷される2010年Q3は記録的な販売台数が予想されるものの,ロングスパンで見るとAndroidの方がはるかに強い成長ポテンシャルを持っているようだ。
 
 

もうひとつご参考に。最新のモルガンスタンレー発表,主要モバイル端末の登場から2年間の出荷実績およびiPad予測は次のグラフの通り。iPadは初年度1300-1600万台で,他のモバイル端末と比較しても出色のスピードと予測されている。(このグラフにAndroid予測は含まれていない)

Mobile
 

  

【スマートフォン・タブレット関連】
米国タブレット出荷台数は,2012年にネットブックを,2013年にデスクトップを凌駕する (6/18) 
iPadの新しいユーザー体験が創りだす,3つの革新的なビジネス特性 (6/10) 
新最強Android携帯「HTC EVO 4G」が初日ロケットスタート。Droidを遥かに上回る勢い! (6/8) 
米国スマートフォン市場,2010-Q1推定出荷シェアでAndroidがiPhoneを上回る! (5/11) 
国内外スマートフォンの最新動向を総まとめ - iPhone vs Android の先に見えるもの (4/26) 

 

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する