プロダクトマネジメントとイノベーション

鳩山政権の成長しそうにない新成長戦略!?

»

先日、鳩山政権が新成長戦略を発表しました。2020年までにGDPを100兆円増やし、新たに400万人の雇用を創出するという目標です。

米国は90年代の10年間で400兆円もGDPを拡大させたし、中国もこの10年で300兆円もGDPを拡大しています。日本も90年代に170兆円拡大していますので、この成長戦略の「10年でGDPを100兆円分拡大する」構想自体は不可能ではありません。

Sei22 ところが、この新成長戦略を見て「成長しそうだ」と思う事は不可能です。自民党時代にもロクな成長戦略はありませんでしたが、民主政権の案も残念ながら実現性が極めて低いと思われます。

民間企業の経営企画や事業企画がこのような企画書を書いたらおそらく経営陣は即刻却下するでしょう。

問題点が2つあります。

まず第一に10年後の市場が描かれていません。技術経営を勉強した方なら、シナリオプランニングとロードマッピング等のテクニックで戦略を描くでしょうが、この成長戦略には10年後の市場が不在なので、方向の無いアイディア集になっています。よくこれで戦略が書けるなと感心します。

第二に、国と民間の役割分担が無く、誰が100兆円を稼ぐのか分かりません。国が100兆円の補助を出すのか、民間が100兆円を獲得するのか不明です。環境や新エネルギーの産業創出は過去にも3回ぐらい政府主導で大型プロジェクトが組まれましたが、思うように行っていません。メジャーの石油産業が横にいる限り、市場は新たに出来るのではなく、化石燃料から太陽燃料に移動するだけということでしょう。それに、国が100兆円出すのであれば、財源がなければなりません。

すなわち、民主政権の成長戦略は、財源無しにマニフェストが実現できたらいいなと語っているだけに見えます。

いつも同じ比較で恐縮ですが、2004年に米国で立案されたパルサミーノレポートには、「国がイノベーションの基盤を作り、民間が成長して競合国に勝つのだ」という強烈なメッセージがありました。

日本のGDPは90年代後半から15年に渡って停滞しています。要するに自民でも日本は成長できなかったし、民主でも出来ないだろうということだと思います。

国はイノベーションの基盤づくりだけに集中し(法律、教育制度、税制など)、成長を民間に任せる自律型戦略を期待したいと思います。

Comment(2)

コメント

おっしゃる通り、今の段階ではシナリオプランニングもできていない内容がぬけすけな戦略ではなく目標にすぎないですね。
民間と国の役割分担について言えば、日本企業を取り囲むグローバルな競争ルールは一変しているにも関わらず、ガラパゴス化している日本企業の国際競争力戦略を後押しするために、国がどのようなビジョンを目標に基盤整備をするかを示し、民間の成長を促す施策を具体的に打ち出していく必要があるのでしょう。6月までにこうした穴埋めができるものでしょうか・・・
ttp://d.hatena.ne.jp/murakyut/20100102

こんにちは、コメントをありがとうございます。

たしかに、日本は税収に比して高福祉な国なので、増税するか経済のパイを増やさないと先が無いですね。

ものづくりだけで経済のパイを増やすには膨大な輸出産業を育てなければならず、数十年規模の時間と労力がかかるように思えます。

米国の例ばかりで怒られそうですが、巨額の軍事予算を使って生命、科学、ITなどの知的財産を作り、その囲い込みとライセンス化で外貨を稼ぐモデルは良い教科書だと思います。すなわち、軍事費という税金を投資に使ってビジネスを興し、外国からリターンを得る「米国株式会社」モデルですね。

日本では軍事費を巨大化することはなかなか出来ませんが、経産省のベンチャー予算などは世界でもトップクラスのファンドと言えます。その予算で作り上げた知的財産が国に返還されていまい、一向に民間に回って来ないのが一つの問題ではないかとも思います。

コメントを投稿する