悩める中小企業経営者に向けて、ITと経営をいっしょに食べてやさしく噛みくだく試み

脱原発は賛成だけど、反原発だけでは幸せになれないと思う

»

F0169533_2381350_3
 ※写真は2011年3月26日、福島県南相馬市にて
  写真に写っているおばあちゃんは、あと数百メートルのところで家は津波から逃れたが、原発30キロ圏内で避難を要請され拒んでいるとおっしゃってました。


9月からオルタナティブ・ブログに加わらせていただきましたが、読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。
アクセス数に一喜一憂し(煩悩丸出しですから)、イケルと思ったネタがこけて、自社製品では無いネタに限ってアクセスが上がりがっくり来て、と本当に勉強させていただいています。

毎日ではないですが、書き続けると自分の中のやりたいことが明確になってきたことがなによりも収穫かもしれません。

営業日の最後ですので、今年特に思ったことを書こうと思います。

今年の自分の中のキーワードは、「震災」「クラウド」「モバイル」「ソーシャル」です。
そして、それは自分の中で全てつながってきています。
震災以来何度も現地に行き、時にはボランティアとして、時には営業マーケティングとして、時には取材としていろんな方々に接してきました。

決してきれいな話ばかり聞いたわけではありません。
それだけに理想を実現するには強い覚悟と深い洞察と行動力が必要と考えています。

特に思ったのが東北、というよりそれをきっかけに考える日本の将来の姿です。
例えばクラウドで心配される「セキュリティ」原発で心配される「放射能」。この二つなんとなく似ているなあと思います。

放射能は無いに越したことは無いし、セキュリティは頑丈なのがいいに決まっています。
しかし、例えば家に付ける鍵が「絶対安全」と思っている人は世の中には殆どいないと思います。
窓ガラスが防弾ガラスになっているのは、VIPとその筋の方くらいだろうし、鍵だってでかい金槌でたたき壊せばそれまでです。

要するにリアルなセキュリティ対策は、ものすごく脆弱なわけです。
じゃあなんでそのままにしておくのかといえば、それ以上お金をかける価値を見出さないからということと、リスクの範囲を知っていてそれを覚悟しているからだと思います。

世の中は常にバランスです。
どこかにお金をかければどこかから減ってゆきます。
銀行の金庫の鍵を家に付ける人はいません。リスクの度合いによって人は安全に払うお金の価値を決定します。

放射能の問題も同じだと思います。

分かりやすい話では、原発の避難地域に指定されて避難を余儀なくされたお年寄りが、避難先で自立する気持ちが萎えて寝たきりになったり、体調を崩したり、孤独になったりする例をいろいろ聞いて、放射能のリスクとどっちがいったいリスクなんだろうと思いました。

「子供のため」に放射能を徹底的に遠ざけようとする気持ちは、同じ娘を持つ親としてよくわかります。
しかし、それと同時に子供のための未来をなすために必要なお金がなくなるのはまたリスクだと思います。
原油依存が進めば、資源のない日本はもし国債がパンクしたときに一気にエネルギー危機がやってきます。住み慣れた場所を追われ、職もなく補助金と支援金で暮らすことになってしまった家庭の子供達は、そしてそもそも財政危機に陥ったときに子供たちが背負う日本は、放射能さえなければ幸せになれるのでしょうか?

なんでも危険なものは「反対」「反対」といって、「以前と変わらない状態」を選択しているうちに、大きなとんでもない過ちを犯しているのではないかと思います。
反対続きで日本の総理大臣が何人も変わった結果は、海外になめられる日本の政治です。

そして、それがソーシャルメディアの相乗効果でますます広がってゆきます。

ソーシャルメディアは直接民主制っぽいことを実現できるすごい力を秘めています。
しかし、そこでネガティブコミュニケーションの大合唱をすると政権の交代スピードが速まり、お金が現状維持のためにどんどん使われて、変わる機会も余力も失ってしまうような気がします。

日本の人口は、今から40年後には9500万人になり、2100年には5000万人を切るという予測が出ています。(国土交通省 国土の長期展望に向けた検討の方向性について)少なくともこれを読んでくださっているみなさんは2050年まで生きている可能性は高く、子供たちの世代はもちろんその先も生き続けます。

脱原発と反原発は違うし、セキュリティの不安とITやソーシャルメディア活用による業務改革やワークスタイル変革はバランスです。
日本はもちろんのこと世界も大きく変わりゆく中、言い古された言葉ですが、ピンチの時こそ変革の機会と捉え、将来の自分たちと子供たちのために最適なサービスやソリューションを来年も提案し続けたいと思っています。

クラウド、モバイル、もちろんソーシャルも原子力ほどは危なくありませんし、時間と距離と無知を無いものにするすばらしい可能性を秘めています。
その可能性を実現できる時代にIT業界にいられることを幸せに感じながら、志を同じくする皆様のご指導をいただきながら走り続けたいと思っています。

ややとりとめのない文章になってしまいましたが、来年も引き続きご贔屓のほどよろしくお願いします。

Comment(4)

コメント

ardbeg32

以前から謎で仕方ないのが、原発絶対反対派の方の様に、なにかを親の敵のようになりふり構わず反対される方って、代案出しても「為にする代案」の様に聞こえて嘘くさく感じる事なんですよね。
なおかつ反対する事には全精力を傾けても、代案実現にはさっぱり力が向いていないように見える事。いや実際にはそんな事はない人も一杯いらっしゃるのでしょうけど、さて原発反対行動ほどの代用エネルギー実現の為の活動に市民団体が資金出したとか子息をそちら方面に進学させるとか聞いたためしがない。
言っちゃあ悪いですが、本当にリスクの事を考えて反対しているの?なんかよく解んないけど怖いから反対!みたいなところはないの?とつい斜めに考えてしまいます。社会全体のリスクを考えたら、反原発じゃなく脱原発じゃないのかしらん?脱原発に例えば20年かかるところを10年に縮める様に頑張るのは応援したいですが、なんでもいいから今すぐ止めろってのは私も違う気がします。

BCPやお家のセキュリティのお話もそうですが、現実(経済や予算・現実リスク)を見据えた長期プラン策定ってのがどうにも日本人は苦手ではないかと感じます。
任意保険に入らず自賠責だけでいいやと逆方向の変な割り切りする人もいるし、同族ながらなんでこんな妙な考え方をするのか謎で仕方ありません。

Pocky

原子力発電(核エネルギー)には、色々あるにも関わらずきちんと原理を整理して伝えられていません。
少なくとも放射性元素であるウランやプルトニウムを使う核分裂はリスクが高く、早番引退を
していただくはずだったのに、国も予算をとらずリスク回避をやらなかったつけが回ったこと
自体は歴代政権は多いに猛省が必要です。
(目先の利益誘導ばかりやって将来を見据えた事業が2の次になっていた近視眼)

一番は、原子力には将来に渡って大きな可能性があるにも関わらず、原子力=核分裂方式となって
正しい議論をせずにアレルギー反応で思考停止しない事を祈るだけです。
(もっとリスクが小さく規模も小型化できる核融合があるにも関わらず報道すらしていません。)

inner-thoughts

私個人としては、原発等のリスクマネジメントに大きな問題があり、津波など自然災害や、テロや戦争など人的災害のリスクを検討し、最低限ベントや注水はどんな状況でも可能というような設計思想などを大きく見直す必要があるでしょうけれど、
安価で安定的な電力として、輸出で経済活動が成り立っていて国債発行も多い日本には原発やプルサーマルは必要だと思いますし、石油やガスなど短期的なエネルギー資源を海外に委ねすぎるのは安全保障としてもまずいと考えています。
それに、安定的に発電出来なく価格も高くという風力や太陽光の致命的問題点が周知されていないというのも問題かと。

民主党が政権交代時に、「コンクリートから人へ」、「最低でも県外」、「高速無料化」・・・などありましたが、今回も「原子力から火力・自然エネルギー」が出来るのかをよくよく日本人は考慮しなくてはいけないはずです。
その時、原発が無くても日本経済が成り立つ方法があるのならですが、このまま景気が悪化して10数年後に日本もデフォルトという事態は回避しないと。

つまらない個人的な危機意識ですが、可能性としては想定しなくてはいけないシナリオではないでしょうか。
少なくとも、国民も今確立している技術の範囲でしっかりと安全保障や経済活動を考えないとより多くの人が貧困するでしょうから、AKBの人気投票というノリで選挙活動が行われないことを祈ります。

野水克也

みなさま、コメントをありがとうございます。
久しぶりにコメント欄が賑わいました。^^;

私自身は、現状で制御する方法がないなら原発廃止を希望していますが、代替エネルギーの議論もないうちに廃止論だけが先行する状況は、消費税の代替増収策のないまま、消費税増税反対をするようなもので、結局今までの仕組みを改革することなく、とかげの尻尾切りで遂には全員で沈んでしまう道を選択してしまうと思っています。
原発については、私は代替になる日本の資源としてメタンハイドレートに大きく期待しているのですが、開発に大きな資金がかかるようです。ここでものすごい投資を政府がやるとか覚悟を決めてくれることをちょっと期待しています。

コメントを投稿する