生涯エバンジェリスト と 新ワークスタイル を 発信するブログ

チームで初挑戦する USTREAM による 情報発信!! その名も 「しすなま!!」

»

皆さん、こんにちは。 日本IBMの柴田です。

柴田が所属する部門では、自社の製品や今 x86 サーバーを利用する上で大事な点を スペシャリストが番組形式で行うという試みを来週から実施します!! 柴田も初の試みで参加(予定)ですので、エバンジェリストとして何か変わった試みを妄想しています。 番組の概要は下記のとおりです。

System x 部 (生!)

「System x 部 (生!)」は、System xに関する技術的なテーマについてIBMのスペシャリストが毎回90分以内でお話しするセミナー番組で、月に1~2回くらいの頻度でライブ配信する予定です。

是非、ソーシャルストリームも盛り上げてください!! またコンテンツの詳細については Twitterアカウント (@SystemxLive)でも発信しますので、是非フォローもよろしくお願いします。

記念すべき第一回は、震災後の電力不足の時代に必要な 「効果的な節電と計画停電の対処方法」 というタイトルで、語ります。 講師は柴田自身も尊敬している同じ事業部で柴田と同じエバンジェリストとして活躍している大先輩の 早川哲郎 です。 IBMの システムx 事業部でもエース級のスペシャリストのトークを是非お楽しみください。


ご参考までに第1回と第2回の開催予定とその内容は下記の通りです。

第1回
【日時】 2011年4月21日(木) 18:00-19:30頃 (約90分)
【テーマ】 「効果的な節電と計画停電の対処方法」
この度の大規模震災の中で急務となっている効果的な節電と計画停電の対処方法について、IBM System xの観点からお話しいたします。
【講師】
日本アイ・ビー・エム株式会社
システムx事業部 テクニカル・セールス
Systems & Technology エバンジェリスト
早川 哲郎 (はやかわ てつろう)

第2回
【日時】 2011年5月19日(木) 18:00-19:30頃 (約90分)
【テーマ】 「システム管理ソリューションBOFM 4.0概要」
IBM BladeCenterにおけるシステム管理ソリューションであるBOFM(BladeCenter Open Fabric Manager)の最新版4.0の概要についてお話しいたします。
【講師】
日本アイ・ビー・エム株式会社
システムx事業部 テクニカル・セールス
櫻井 美帆 (さくらい みほ)

「System x 部 (生!)」という番組名は、あたかも学校の放課後に有志のメンバーが集まって活発に活動する部活のような場にしたいとの思いから命名したものですので、お客様、ビジネス・パートナーの方、職場の方、お知り合い等、広くお誘い合せの上、お気軽にワイワイガヤガヤとご参加いただければ幸いです。

柴田も何らかの形で携わらせて頂きたいと思っております。 チームとして初の試みであるUSTREAM発信を是非皆さんもご覧になり、叱咤激励を頂ければ幸いです!! どんな展開になるのか!? 今からどきどきです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する