英国ロンドン発のニュースなど

デンマークでプリペイドのSIMカードを買うと・・・

»

とても簡単に買えます。身分証の提示や住所の確認も無し。
「SIMカードくださいな」
「どれがいい?」
「ここは、デンマークだからTDCモバイル!」
「はい、100クローネ」

そう、デンマークは、EU加盟国でありながらも、ユーロに参加していないため、通貨はデンマーク・クローネなんです。1デンマーク・クローネは、約20円。つまりプリペイドのSIMカードは2000円で買えます。プリペイド式の通話料金は1分につき2.6クローネ(52円)です。ちなみに月極契約の場合は、1分につき0.85クローネ(17円)とかなり安いようです。

SIMカードが簡単に買えたうえ、特別な設定をしなくても、TDCモバイルのウェブ・サービスも利用できるのですが、ちょっとした落とし穴があります。それは、携帯電話を起動させた時に、4桁のPINコード(暗証番号)を入力しなければならないこと。もちろんSIMカードのパッケージに記載されていて、覚える努力はしたのですが、外出先で、ど忘れしてしまうんですよ、これが。PINコードを3回誤入力すると、PINコード自体がブロックされてしまいます・・・。この場合は、パッケージに記載されているPUK(Personal Unlock Key)コードを入力して、PINコードを再設定しなければならいので、迷わず「0000」に設定しておきましょう(オランダでは初めから0000に設定されていました)。

London_105ところで左の写真は、TDCモバイルのボータル・サイトの画面。全然やる気が感じられません。TDCモバイルのショップも、携帯電話だけでなく、パソコンや、その他の電子機器を併売しているところばかりです。デンマークでは、TDCモバイル以外のキャリアは、"3"とテリアの2社だけです。

なんで、こんなにやる気が無いのかな、と考えると、デンマークって、携帯電話の技術や製品に関しては、隣国スウェーデン、フィンランドに負けているし、携帯電話キャリアとしてグローバル展開する野心を持ちたくても、英独仏の大手には勝ち目がないし、という状況に置かれています。携帯電話で頑張っても、どうせ外国の企業に利益を持っていかれるだけだし、だったら通話料金を安くしときましょう、という感じですね。

自国の技術や製品を国外に広めていく、あるいは、携帯キャリアとしてグローバルに展開する。この2つのうちの、どちらもなしえないのならば、通話料金を下げて、消費者の利便性を向上させるしかないのです。携帯電話産業における、まっとうな産業政策とは、そういうもののはずです。

Comment(3)

コメント

mohno

先日、アメリカ旅行したときにプリペイド携帯(デバイスそのもの)を買ったのですが、14.99ドルでした。身分証の提示も住所の確認もありませんでした。hold 機能がないのが不満なくらいで、もちろん通話に支障はありません。通話料金は最低の60ユニット分が19.99ドルで、1ユニットが1分なので、1分あたりでは33セント(約40円)ですね。
ただし、受信側にも料金がかかることを知り、これはちょっとした驚きでした。ちょっと調べた限りでは、受信側が無料という国の方が少ないようですね。

安藤怜

コメントありがとうございます。
ヨーロッパでは、通話もメール(SMS)も、送信側の負担です(ですから、スパムがありません)。
ただ、国際ローミングの場合は、受信側も一部負担となります。これが高いので、EUでも、下げるように規制する動きが出ています。

mohno

えっ?と思って調べなおしたら、レンタル携帯などでは送信側だけの負担になっているようですね。(もちろん国際ローミングは別ですが) なぜかなー・・・

コメントを投稿する