英国ロンドン発のニュースなど

「.eu」ドメインの登録が始まったものの・・・

»

「.eu」ドメインの登録が開始されましたが、いろいろと問題が起きているようです。4月7日の登録開始に先立つ4カ月間、企業などが保有するブランド名を含むドメインを、優先的に登録できる期間を設けました。

しかし、商標登録の法律の穴をついて、ドメインを取得しようとするケースもあったそうです。 これはEU加盟国ごとに、商標登録の法律が異なることを利用したものです。たとえば、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグでは、164ユーロ(2万3000円)の費用で、1日で商標を登録できます。これらの国で、高く売れそうなドメイン名の元となる商標を取得すれば、登録料の数百倍の値段で売ることができます。

問題となった例としては、「sex.eu」に236件の申し込みがあったほか、「hotel.eu」に123件、「travel.eu」に97件、「jobs.eu」に93件の申し込みがあったそうです。 また、33万件の登録申し込みがあったうち、9万5000件が上記のような複数の企業による申し込みだったそうです。

33万件というと多いようにも感じられますが、実際は、ドイツの全企業のうち28.6%、オランダが16.6%、フランスが11%、イギリスが9.2%と、「.eu」ドメインに殺到というほどの人気では無いようです。

ヨーロッパは、国ごとに言語が違うので、どの国か、つまり、どの言語のサイトかが明示的な「.uk」、「.fr」、「.de」の方が、ユーザーから見て、わかりやすいのではないかとも思います。

Comment(2)

コメント

.eu については、以前、末岡さんのブログでも取り上げられていました。
http://blogs.itmedia.co.jp/eu/2005/12/eu_2394.html
(それほど具体的ではないですが)問題点についても、こちらの記事で取り上げられています。
http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/05/26/eu/
本来平等であるべき事前登録期間なのに、国ごとに違う商標基準が適用されたという点に問題があるのでしょう。.asia という話もあるらしいので、同じような問題が起きるかもしれません。
もっとも、人口比という点はあれど、日本の .jp がまだ80万程度ということに比べると .eu の事前登録が30万以上というのは、かなり良い数字だと思っています。
http://www.sedo.co.uk/ を見ると、すでに3万6000件以上の .eu ドメインが売りに出されています。ここでの一番人気(アクセス数が多い)のは shopping.eu。なるほど、という感じです。

安藤怜

いつも解説ありがとうございます。事前登録された「.eu」ドメインのほとんどが、転売市場でオークションにかけられているそうです・・・。
ところでイギリスにいると、「.com」はアメリカまたはグローバルなサイトで、イギリスの情報やサービスが必要ならば「.uk」のサイトに行くというのが習慣になってしまいます。「.eu」も、「.com」に似たような位置づけになってしまいそうな気がします。

コメントを投稿する