韓国の最新IT事情と日韓IT交流の最前線を走る「ONEPLUSONE.ASIA」の活動を語る「韓国ITなう」

韓国の第2のベンチャーブーム

»
中小企業庁によると2011年1月に新規に起業されたIT企業数は888件で、昨年1年間起業された992件に肉薄する数である。 又新規のベンチャー企業の数は2010年の1年間で5,752社が増えて歴代最多を記録して第2のベンチャーブームを迎えている。

ベンチャーキャピタルでも動きが活発になり、2009年8,300億ウォンにとどまった投資額が、昨年は1兆1,100億ウォンになり、今年には1兆2,000億ウォンを超えると予想されているそうだ。

第2のベンチャーブームを迎えた背景にはFacebookがもたらしたソーシャルとiPhoneがもたらしたモバイルインターネットのブームが大きな影響を与えた。

今まで大手のポータルとキャリアが支配する世界でなかなかチャンスが無かったベンチャー企業にとっては重い腰を簡単に上げられないポータルに代わってモバイル向けの新しいサービスをドンドン開発したり、アップルが開いた新しい世界によって崩れ始めたキャリアの言いなりにならないで自分たちが作りたいものを作ってそれに相応しい対価を稼げるエコシステムが出来つつあり、二度とない起業のチャンスと捉えたに違いない。

第2のベンチャーブームを後押しするようにインターネット1世代の成功者達がスタートアップを支援するエンジェル投資なども活発に行っており、韓国のベンチャー企業設立ブームは当分続きそうだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する