日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】第三の場所

»

家庭でもない、職場(学校)でもない、「第三の場所」を持っていますか。
(コミュニティでも、独りで過ごす場でもOK)
そこはどんな場所ですか。そこでは何をしますか。
あるいは、どのような場所が欲しいですか。

トラックバック / コメント をお待ちしております。
(「黄金の金曜日」についてはこのエントリ をお読みください)

先週のお題は「デスクまわりの小物」。皆さんありがとうございました。
NEROさんは薄い「メモスタンド」。
hito-kanさんは可愛い鳥型の「カレンダー」。
mohnoさんは「カレンダーと時計」。
cyberopticさんは「Henkelsのネイルクリッパー」。
が「東京メトロネットワークカレンダー」でした。
うーむ。意外にこだわりグッズという感じのものは少ないものですね。ここら辺に生産性向上の余地があるような気がするぞ。

今週のお題。僕は無難にスタバにしておきます。麻布十番店の3階とか。
ご参考までに、"The Third Place"についてためになったページを2つご紹介。
「街」の魅力を構成する6つの要素と“Third Place”について
スターバックスが掲げるサードプレイス

Comment(5)

コメント

ねこまっしぐら

私は場所・・・・というとちょっと変ですが、ネットの中・・・ですね。
自分のブログスペースとか、ネットゲームの中とか。
買い物くらいでしかあまり外に出ないので外との繋がりが希薄な所為もあるのですが、何の繋がりも無い「誰か」の意見にコメントしたりされたり、ゲーム内で仲の良くなった人と取り留めのない話をしたり・・・
見る人によっては「寂しい奴だな」と思われるかもしれませんが、私はこれで充実しています。

sapphire

Kojiさん、こんばんは!

私の場合もスタバとあまり違いはないのですが、「地元の)ミスド=ミスタードーナツ」です。

何をするかというと、帰省した時に家に直行せず、コーヒーとドーナツで一休み。メールをチェックしたり、買物などのプランを立てたり、手帳を見ながらぼおっとしたり・・・

単にドーナツを買って家で食べればコーヒー代はかからないのでは?と思う人もいますが、あの空間が昔から好きなのです。

明るいショップ、割と美味しいコーヒー、今はカフェオレもある、種類が多く、常に新製品が出てくるドーナツ、木目のテーブル・イス、50代っぽい音楽とミスドのCMが流れる店内。関西のことばが聞こえる自然な空間。(大阪の箕面市に1号店があります。)

何時間でも座っていられるので、手紙を書いたり、宿題をしたり、本を読んだりと、家では何かと集中力が欠けてしまいますが、ミスドの店内だとほっとすると同時に集中できる空間なのです。

4-5年前?から土日は完全に禁煙となり少し空気も改善されてきました。

「スタバ」が昔から近くの場所にあればスタバ派になった可能性は大ですが、ちょっと暗めの店はあまり好きでないです。

ぴぴ

こんにちは。すでに週が明けてしまいましたが。。。
第三の場所、欲しいです。。。
自宅の一室で仕事をしているので、通勤途上の寄り道もありません。最近、打合せもメールや電話でおおかた済ませているので、外に出るのは月に1~2度程度です。そのわずかな機会に、喫茶店などでうだうだするのが夢(?)ですが、まだ良い場所が見つかっていません。私はコーヒーが飲めないのです。香りは好きだけれど、飲むとお腹が調子悪くなる。。。紅茶は好きなので、おいしい紅茶が飲めて、長時間居座れて、できれば無線LAN。。。それが贅沢ならPHSの電波状態が良好というだけでもいいです。でも、そんなところがなかなか見つかりません。。。

sapphire

ぴぴさん、
こんばんは!スタバの回し者ではないですが、
コーヒーの香りはOKなのであれば、スタバにも紅茶はありますよ(ご存知かもしれませんが、念のため)。

イングリッシュ ブレックファースト
アール グレイ
タゾ チャイ
タゾ ゼン
パッション
カモミール ブレンド

ぴぴ

sapphireさん、どうもありがとうございます。店舗によって違うのかな?それとも、最近扱うようになったんでしょうか。以前に店を覗いたときは紅茶やお茶の類がなくって、しかたなく抹茶オレのようなものを頼んだ憶えがあります。
明日も久々に大阪へ出るので、物色してみます。そうそう、タバコが嫌いなので、煙を吸わなくて済むってのも、私の場合、最優先の条件になります。
ところで、図書館が立ち寄りやすい場所にあって、居座りやすい状況であれば、そういうところも非常に良いのでしょうね(お茶は飲めませんが)。ただ、入館条件にその地区の居住者ないし通勤通学者という項目があると、出先でおいそれと立ち寄るわけにもいきません。

コメントを投稿する