日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】本番で成功

»

荒川静香選手おめでとうございます!というわけで、
「本番で成功」というキーワードで一席お願いします。
学芸会、学会発表、プレゼン、営業などなど。
成功の鍵は何でしたか。どのように緊張を乗り越えましたか。
自分でなく友人やお子さんの成功話でもOKです。

トラックバック / コメント をお待ちしております。
(「黄金の金曜日」についてはこ のエントリ をお読みください)

今週のお題、出しておきながら自分ではあまり華々しい思い出がない…。プレゼン+質疑応答がうまくいったと思える時を振り返ってみると、「備え」ができていたかどうかに尽きるような気がします。話す側がお題についてどれくらい考え抜いてきているか、聞く側は結構分かってしまいますからね。

「備え」ができれば「構え」が決まる。
「構え」が決まればどこから攻められても上手に受けられる。
そんなイメージを持っています。

先週のお題は「本の選び方・買い方」。皆さんありがとうございました。

NEROさんは「選ぶ本」「旬の情報源としての本」「専門書」それぞれについての選び方をご披露されていました。
金田さん(はじめまして)は本屋でガバッと買い。(鎌倉にお住まいなのですね!きっと島森書店でお目にかかれますね)
mohnoさん(T/Bを打っているのですが届かない模様…)はいろいろと。紀伊国屋の近くにお住まいとは、本好きにとっては危険な環境ですね。(電子辞書には満足しています。PC辞書以上によく使うので、持ち歩き用に軽いのを買おうかと思ったり思わなかったりしています)

Comment(3)

コメント

sapphire

入社時に配属された部では勉強会があり、また部長が外人だったので、小さい部ながら毎月1-2回はプレゼンのような部会や勉強会がありました。
異動が数回あり、今では大勢の前でプレゼンすることは外部研修以外には皆無です。

その中で、唯一、プロマネ(プロダクトマネージャー)の部署にいた時代、イタリアで世界各国のプロマネが集まる会場で日本からの代表として日本の実情を発表しました。(部長の代わりに)

15分という短い時間ではありましたが、150名程度の前で、ステージに上がって発表するという非常にプレッシャーがかかる一時でした。

英語の問題はさておいて、成功の秘訣はやはり事前準備につきます。
1.自分でプレゼンの資料を作成(内容把握ができ、ストーリーを組立てていた)
2.内容を上司や海外本社にも見てもらいアドバイスを受けた
3.話した時間がお昼前、また、前のプレゼンターの話が長過ぎたので、Lunchを絡めた短いコメントで終了。

日本は第二位の売上を占める大国なのに存在感はなく、初めての日本人のプレゼン、しかもマネージャーでなく、女性という珍しさも手伝い、基本的には好評に終わり、力が抜けました。
(内容的にはなぜ新薬がまだ日本で売れていないかについての理由説明が主だったのですが・・・)

mohno

> 紀伊国屋の近くにお住まい
すみません。近いのは「勤務先」です。自宅は、ずっと田舎です^_^;
紀伊国屋は、探したい本がどこの棚に置いてあるかを、あらかじめWebで調べておけるというのも便利ですね。

島森書店に行った後は、横のCDショップに入って、「銀のすず」という喫茶店に入って、ケーキセットを食べつつ本を読むというのがパターンです。もしかすると、すれ違ったりしてるかもしれませんね。

コメントを投稿する