日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】絵本

»

★ 今週のお題★
「絵本」

折に触れて読み返す、よく憶えている、あるいは最近読んだ
「絵本」 はありますか?
その絵本が気に入っている理由は何ですか?
あなたにどんな影響を与えましたか?

トラックバック / コメント をお待ちしております。

(「黄金の金曜日」についてはこ のエントリ をお読みください)

先週のお題は「おすすめblog」。ずらずらっといきましょう。


★ 不肖koji
現場で働くベンチャーキャピタリスト日記
経営コラム SOLID AS FAITH

★ awsさん
Amazon Web サービス ブログ

★ jniinoさん
Radium Software Development
ニュースの現場で考えること

ohashiさん
http://www.lifehacker.com/
http://hwebbjr.typepad.com/openloops/
http://www.43folders.com/
http://www.lifehack.org/
http://to-done.com/

NEROさん
亞の玉手箱

abiruさん
父の日記 昭和17年

個人的には「父の日記」にびっくり。「ニュースの現場で考えること」も好きなテイストです。

さてさて、今週のお題。なぜか『ぐりとぐら』みたいなやつは全く憶えてません。憶えている絵本は『ちいさいおうち』『ぐるんぱのようちえん』。考えてみると、どちらも「哀しみを経て安寧に至る」みたいな筋ですね。
あと、ふと思い出してタイトルを探しまくってしまったのが『名馬キャリコ』。インパクトのある絵でした。

Comment(10)

コメント

最近子供に読んだ「いないいないばあ」というのはよくできていました。私が何か影響を受けたかというと、ありませんけど(爆)。

「サラダとまほうのおみせ」(カズコG.ストーン著)

2人の子供がどちらも大好きで、特に下の息子には、何回読まされたかわかりません。シリーズもので、続編に「ほたるホテル」「きんいろあらし」「ふわふわふとん」というのもあり、これで四季が完結します。

が、やはり第1作の表題作のできが一番。ストーリーがおもしろく、キャラクタの個性がはっきりし、パズル的要素も満載という、おとなが読んでも絶品の絵本だと思います。

さくぞう


「めっきらもっきらどおんどん」
保育園で、チビスケがおぼえてきたなぞの「フレーズ」は、この絵本にでてくる「じゅもん」だったのをあとで知ったのでした。
「はっ、そうなのか!」ということで。

mohno

「落語絵本」シリーズ(川端 誠著)
5歳の息子に「じゅげむ」を買ったところ大変気に入り、シリーズをほぼ揃えてしまいました。その後、落語のCDやDVDを買ったり、2回ほど寄席にも行きました。家族分の着物も揃えました:-) もっとも、早口で喋るホンモノの落語は、ちょっと難しいようです。

「ぐるんぱのようちえん」は僕も読みました。いまでも実家の本棚にあって、数年前に読み返したことを覚えています。好きだったわけではないですが、なぜか小さい頃に読んだことを覚えている数少ない童話です。
もう1つよく覚えているのは、ドレミファブックという子供向けの定期購読の雑誌に収録されていた「宇宙船ペペペペラン」です。むくわれない少年の話で、あまりにもシュールな展開のため、読んだときに子供なりに驚いたことを覚えています。こっちは実家に残ってたかな。
ネットで上記のタイトルを検索すると、同じように感じた人が多いことを発見しました。

sapphire

今回の【黄金の金曜日】絵本、人気が高いですね!

「いやいやえん」
それほど小さな子供用ではありません(字も多いです)が、いろいろと嫌だ嫌だと言っている子供に起こる、ちょっぴり不思議な世界が交差しているお話です。
姉妹が皆好きで、結婚して子供ができた妹は「いやいやえん」は必須(で購入)と言っていました。

私は本が好きでしたが、あまり小さい時の絵本は覚えていません。小学生の頃に読んだ本ならいっぱいあるのにな!

Makoto

今年の2月に生まれた息子ももうすぐ早や7ヶ月。ちょっとずつ絵本を読み聞かせ始めています。息子の今のお気に入りは、「こぐまちゃん、おはよう」。絵本の中のこぐまちゃんが、子供の代わりにご飯を食べたり遊んだりする絵本です。
内容なんて息子には絶対分かっていないけど、ゆっくり大きい声で読んであげると目は釘付け。
自分の記憶の中にあるのは、「エルマーと竜」シリーズ。内容は全く覚えていないけど、親に読んでもらって夢中になった記憶がある。微妙に絵本ではないのかもしれないけど、早く息子にも読んであげたい。

ハッ、でおくれた!

絵本といえば、最近のマイブームは“シェル・シルヴァスタイン”。
ohashiさんも書かれていましたが、「ぼくを探しに」シリーズは本当に良い本です。
イキオイづいて、Amazonで彼の他の著作の原語版を買いまくっているところです。
そういえば、ビレッジバンガードでもフューチャーされてました。

拝松徒

たまご‐L’OEUF ガブリエル バンサン (著)
木のうた イエラ・マリ (著)
子供にはちょっと向きませんが、とても素敵な絵本ですよ。

今、一番お気に入りの絵本・・
今、一番お気に入りの絵本というと・・・
「100万回生きたねこ 」でしょうか。。
「もこもこもこ」も捨てがたいし、「あらしのよるに」第7巻も気になるところ(^-^;

いやいや、「きょうはなんのひ?」も感動するし、
「おこりんぼママ」もグッときますねo(*^▽^*)o

で・・一番お気にいりは、「わすれられないおくりもの」かな♪
本当に迷いましたが、歳を重ねるごとに大切さが増していきます。
いやぁ、久々に頭をフル回転させました(;´▽`lllA``

コメントを投稿する