Various news of ITmedia Alternative BLOG

頑張ってもイインダヨ

»

“頑張っても頑張っても、まだまだ足りない”と周りから言われたり、自分で思って疲労を溜め込んでいる頑張りやの皆さん、お元気ですか?
頑張るマン番長 鈴木麻紀です。
 
そんな頑張って頑張ってツブレる寸前の皆さんにかける言葉として、「もっと頑張れ!(ゴリゴリ営業部長風に)」「頑張らなくてもいいのよ(綺麗なお姉さん風に)」などがあります。皆さんはドチラの言葉が効くタイプですか?
 
さて。ワタシの長年の友達に、どえりゃー頑張りやの女がいます。仮に名前を『ドルジ』としましょう。ドルジは、仕事ができてしかも責任感が強いので、どこの会社にいても人3倍頑張って、その会社の大黒柱になってしまうような男っぷりのイイ女です。彼女はとてもとても頑張りまくるので、周囲から「そんなに頑張らなくてもいいのに」「もっと肩の力を抜いて」と言われ続け、それがストレスになっていたそうです。
 
「アタシが頑張らなきゃ、誰がこの会社を守るっちゅーねんっ!」
 
頑張らなきゃいけないのに、頑張るなと言われのは心外だ、とギネスの1パイントグラスを振り回しながらよく吼えていたものです。そんなドルジが先日、珍しく穏やかな顔で報告してくれたことがありました。同じく頑張っている仲間の1人が、彼女にこう言ってくれたそうなんです。
 
「頑張ってもいいんだよ。」
 
ドルジにとって、頑張るのは好きで 覚悟してやっていること。この言葉でドルジは、自分が頑張っていることを肯定されてる(認められてる)と感じたんですって。
 
ドルジ、これからも一緒に頑張りあおう。
(酔っ払っても殴らないでね)。
 
 
ということで。
11月の月間ブロガーTOP30 を更新しました。
11月1カ月を通して、よく読まれたブログの順位です。
 
1位はメガネの人ですよ、誰でしょうね?

参考:
ちなみに。キャリアカウンセリングでは、「頑張ってきたんだね」と状態を認めるにとどめます。
 
 

Comment(3)

コメント

いやぁ、深い話ですね。
 
がんばる、って、姿勢(キモチ)の話ですよね。
でも、世の中、特にビジネスの世界だと、結果に対して使っていることが多いような気がします。
ちゃんとがんばったのに、成果が出ないと、「がんばれ!」って言われ、へこんだり。
あんまりがんばってなくてもラッキーで成果が出たりすると、「よくがんばったな」って言われて、ちょっと複雑系だったり。
 
使い方が難しいコトバですよね。

12月3日深夜のフジテレビ「MANINGEN」の設問にて、「あなたが落ち込んだ時、言われて嬉しいのは?」「A:頑張れよ!」「B:大丈夫だよ!」のどちらですか?というのがあって、多数ははBだったのですが、その答えが出る前に、番組のホスト役である、古田新太さんが、「頑張るだけ頑張って成果が出なかったから落ち込んでいるんだから、さらに頑張れ!っていわれても”頑張ってるっちゅうねん!”、頑張ってなかったら落ち込まへんっちゅうねん!」という発言があり、そのとおりだよなぁ、と思ってました。自分もその設問はケータイ回答でBを選びました(笑)

中村さん、せのおさん、コメントありがとうございます。
>中村さん
ああ、そうか。結果に対して言われると釈然としないことがありますね、「頑張る」。
頑張ってるかどうかの尺度は、人によって、そしてその状況とタイミングによっても変わってきますし。

>せのおさん
そうそう。「頑張れは安易に言っちゃいけないよ」、ってのはよく聞くんですけどね、「頑張らなくてもいいんだよ」も、いまマサに頑張っている人にはツライんだなぁと思ったのです。
ドルジは、自分と同じように頑張っている仲間からの言葉だから嬉しかったんだし、そのような仲間だからこそ出た言葉なんじゃないかなぁ、と思ったのですよ。

@頑張るのやだもんねー、ベーッ! な番長より

コメントを投稿する