アメリカのIT業界を渡り歩いたビジネスコンサルタントがユニークな切り口で新時代のIT市場を分析

トップクラウド事業者は一体いくら儲かっているのか?: Amazon と Rackspaceの場合

»

さて、最初の投稿は、クラウドコンピューティングに関する内容をお届けしたいと思います。

北米のクラウド市場は、ざくっと大きく分けて、Amazon Web Service、Righscale Hosting、その他、とで市場を3分割しています。 かなり乱暴な分け方ですが、そんなようなイメージで持って頂ければ結構だと思います。

クラウドコンピューティングは未だに賛否両論が飛び交う、非常に興味深いキーワードであり、今更その価値を評価するのも変な話ですが、技術的な評価はさておいて、本当に儲かるビジネスモデルなのか? という素朴な疑問に対してはしっかり評価をすべきなのでは、と思うところです。

その判断の拠り所として一番参考になるのは、北米の市場をほぼ独占しているAmazonとRackspaceの2社のふところ具合を調査する、と思い、ちょっと調べてみました。

両社、共に株式を公開している企業である故、資産状況は公開されているが、クラウドコンピューティング事業単体での収益状況については明らかにしていない、という点においてはどちらも共通している。北米市場争いにおいては両社合わせて全体の7割近くに達する状況であるため、一体どれくらい儲かっているのか、収益構造はどうなっているのか、大きな関心が寄せられる所です。 

Rackspace社の最近の10-Q(四半期ごとの財務報告)によると、下記の情報が報告されています。
●  現在、88,590件のクラウドユーザで、去年の51,440件から大幅に伸びている
●  同時期に獲得したホスティング(元々のRackspace社の事業)顧客は100社増え、19,433件
●  クラウド事業での売上は、$5500万ドルで昨年から50%増
●  ホスティング事業は、クラウド売上の約10倍で$6.2億ドルであるが、年成長率は14%に留まっている。

さらに非常に興味深い事には、今年はデータセンタスペースを8000平方フィート減らしている、という事実。 つまり、データセンタスペースを減らしながらも一平方フィートあたりの売上を25%増加させ、約$4,440/sqftを達成しているのです。

一 方、Amazon Web Serviceについては、UBS(スイス銀行)の調査によると、同社は年間に$5億ドルの売上を達成している、との事。 これはAmazon全社の売上の2%に相当する。 この数字は、Amazon社の決算報告書に記載されている"Other"という項目の売上をベースとしている。同じ分析によると、このAWSの売上は 2014年には、$25.4億ドルに達する、と予測しています。

この数字、AmazonのIT投資の総額、現時点で$36.5億ドルと比較し てまだ小さい数字であるが、この数字も急激な伸びを見せているので、実際の投資に対する回収という面ではまだまだ難しいビジネスである、と言わざるを得なません。 また、Amazonの本業であるe-Retailing事業はと比較すると非常に比重の小さい事業であるため、今後どのような展開になって行くのか、非常 に注意深く見て行く必要がある、と言えます。

クラウドコンピューティングのトップ2社、いづれも高収益型の事業とは必ずしも言えない、という 実に意外な結論に達してしまう、というのは今後のクラウドコンピューティングの未来を分析する上で重要な事実である、と言えます。 トップ2社がこういう状況であるなら、3位以下のベンダーの状況は一体どういう状況なのか、何となく想像はつきそうな気がします。

市場の伸び については、サービス事業である、という性格上、そう大きな伸びや変化が出てこないと想定されるので、収益性をあげようと思うと、徹底的なコスト、それも CAPX(初期投資)とOPEX(運用コスト)の両面での削減を行いつつ、売上は継続的に伸ばす、という戦略を具体的に策定して、進めることが必要です。 北米のクラウドコンピューティングのコストで最も大きいのは、継続的な設備投資と電力コストです。  これらは集約化を積極的に行う事によって達成する戦略が最も一般的である、と言える。また、稼動率を100%にできるだけ近づける様な運用方法もシステム 化する事が重要と言えます。

なおかつ、北米ののクラウドコンピューティング事業者は、人件費の削減を既に自動化ソフトウェアソリューショ ンで達成している、という現状であり、まだそのエリアで遅れを取っている日本のベンダーは、自動化、環視、等の運用ソフトウェアの開発、導入を積極的に行 う事が非常に重要である、と言えます。

そして、最大のポイントは、Amazonにしても、Rackspaceにしても、クラウドコンピューティング事業がそれぞれのビジネスの中心事業ではない、ということです。 考えようによってはいつでもやめることも出来るし、収益状況も詳細に公開する必要がない、ということです。 

どちらの会社も、実は良く考えてみると、そんなにクラウドコンピューティングについて強力な宣伝やマーケティング活動をしているわけでもなく、どちらかと言うと、周りが盛り上げている、という印象があります。

もしかして、クラウドコンピューティングというのは、そういうモノなのかも知れない、なんてふと思うと、日本企業のクラウド騒ぎにちょっと不安を感じたりもする、今日この頃です。

みなさん、いかがですか? ちょっと興醒め?

Comment(4)

コメント

はじめまして。クラウドは本業の一つですので、一つ質問です。ご指摘のAWSとRackspaceはIaaSの分野ですが、PaaS/SaaSのレイヤーでビジネスをしているSalesforceの財務諸表をどう評価されますか?かれらは数字で見る限り、着実にキャッシュを増やしているように見えます。IaaSはFlexibilityの高さゆえにサーバー単体売りと同じようなコモディティビジネスになるので、AirlineのFFPのように確かに「オマケ」でないと厳しいのだと考えます。一方、国内市場で「最大のASP/SaaS=楽天の店舗システム貸し出し」という時期があったり、GoogleAppsのアプリ開発で地図のマッシュアップが利用されるように、SaaSやコンテンツ、ビジネスそのものを加えた「上位レイヤーのPlayerでないと儲からない」というのがこの世界だと思います。そういう意味で、AWSもAmazon本体のレコメンデーション・エンジンを切り出して呼び出せるようになったら、違う展開になるのかな?と考えます。

コメントありがとうございます。
前置き説明の無い状態で本ブログを掲載したゆえ、ご指摘の様な意見が出ることは想定していました。説明不足ですいませんです。

IaaS/PaaSとSaaSの大きな違いは、そのビジネスモデルにあります。 前者はユーティリティ事業者やテレコム事業者と非常に似ていて、標準的なインフラを提供する事業で、後者はアプリケーション事業そのものであり、独自性を打ち出す事が主命題です。

それぞれの財務諸表にもそのモデルが形として現れます。 後者の代表であるSF.comは、新規顧客開拓と既存アカウント維持が非常に重要なので営業コストの非常が非常に大きい点が特徴です。これはSaaS事業に共通しています。また、開発コストも大きいのも、常に競合他社より多い機能を提供することが重要なので必然性があります。

IaaSのオマケ事業は確かに重要なポイントです。AWSも最初から、e-Retailingサイドの決済システムや、Recommendation System等もライブラリとして提供しており、e-Commerce事業者には非常に人気の高いクラウドです。 Rackspaceはマシンレンタル、VMサービス、コロケーション等のサービスと並行してクラウドを提供しており、それが魅力で、SMBからの受注が大きいです。

しかし、IaaS事業者がおまけ機能をすべて自社開発するのは論理的ではないと思います。 むしろパートナーを引きこんで、幅の広いミドルウェアインフラを提供する事がユーザに対する最大の魅力になる、という判断の元に、AWSもRackspaceもそんなに付加価値ミドルウェア開発に力を入れていません。 Conflictの原因になっては元も子もなくなるからです。 AWSがミドルウェアベンダを今まで一社も買収していない、という点にも注目ください。 エコシステムを守るための見えないルール、というところでしょうか。

という事で、結果的にはIaaS事業は、基本的なプラットホームを限りなく100%に近い稼働率で誰よりもより安く提供する事が唯一最大の命題になってしまうのではないか、と思うところです。 元々持っているものを提供するのはOKだけど、わざわざ新規開発してまで他社の持っていないミドルウェア機能を提供することはよっぽど採算がとれるものでないと手を出さないのでは、と思います。

もう一つ重要なのは、オマケ機能があったとしても、決して値段を釣り上げる用途には使えない、ということです。 飽くまでも集客力を高めるためのツールである、という事ではないかと思います。

morishee

もう一つSaleforceの財務諸表に関して質問です。クラウドで「一定期間の料金前払い方式」ですと、キャッシュが非常に増えてくるので、未計上売上分のキャッシュを株式投資(Marketable Security)に当てており、そこからの利益(配当?)も売上高比率で2%ほど出ているようです。一般のIT企業だと、もっと研究開発とか企業買収にキャッシュが向かいそうな気がしますが、米国内でSalesforceを見ているクラウド関係者は、彼らのこのようなキャッシュの使い方をどう感じておられるのでしょうか?そもそも、どういう株買っているんでしょう?結構な利益があるので、クラウド事業者のcapabilityとしては資金運用ノウハウも求められるのかも知れませんが、リーマンショック後でも傾向はかわらないのでしょうか?

salesforce.comの現金資産の使い方に対して市場がどう見ているのか、というのは解りかねますが、そんなに突飛が事をする性格の会社ではない、と一般的には期待されているのでは、と思います。 Mark Benioff氏はOracle出身で、同社の資産運用のノウハウを少なからずとも踏襲する、という意見はあるようです。 それが何なのかは、小生の知識の範囲を越えますが。。。
SF.comは他のISVと異なり、営業コストが異常に高い会社です。 これはSaaS事業者の宿命、とも言える要件で、クラウド事業の本質を表す大きな特徴です。 このへん重要な話なので、別の機会に分析を行うつもりです。

最近のはやり言葉を使いますと、SaaSは「肉食系」ビジネスかな、と思います。常に狩りに出て行かないと生存できないタイプです。

コメントを投稿する