Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「Twitterマンガ」の可能性

»

 京都精華大学の竹熊健太郎教授によるブログエントリーがおもしろかったのでちょっと実験してみましたた。

たけくまメモ「学会で発表した俺のレジュメ」

最初の講義の年(2003年度)に提出してきた学生作品が小沢郁恵の「♪」である(図版左)。これはコマと音符、そして男女の台詞のフキダシのみという実験的な作品だったが、「最低限コマと文字があるなら、絵のないマンガが成立しうる」という事実は個人的に衝撃であった。

 この作品の拡大画像はこちら

 なんともいえない雰囲気のある四コママンガなんですが、あるのは音符とセリフのみ。これで四コマとして成立させているわけです。

 詳細については竹熊氏の次回エントリーで詳しく紹介予定と書かれているので期待しております。

 さて、これだけの情報量であれば、Twitterで流すこともできるんじゃないかと思ってやってみた実験。

4koma

 どうでしょうか?

 掲載する順番が問題ですね。Webで見ると、最初からオチがわかってしまうという問題が。逆にすればいいのか(笑)

4koma2


 アスキーアートを使ったマンガなら既にTwitter上でもあったりするのでしょうか。ただ、これだとMacのフォントでは崩れそう。当然iPhoneでも。

 Twitterマンガ家がいらしたら、ぜひフォローしたいので教えてください。


♪ガガガガ
     ガガガガ
♪ガガガガ
     ガガガガ

♪○◎○◎
     ○◎○×
「あ、ミスった」

「もっかいいくよ」
♪ガガガガ
     ガガガガ
♪ガガガガ
     ガガガガ

♪○◎○×
     ○◎○×
「前よりひどいよ、律」


みたいな(笑)

関連記事:
最近、Twitter小説がおもしろい
Twitter小説がブログ化された

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する