Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「MacのFinderを作った男」スティーブ・キャップスがiPhoneアプリを! しかもアリス!

»

 Lisa、MacのFinder、Newton OS、そしてジャミネーターを生み出した男、スティーブ・キャップス。Internet Explorerのユーザーインタフェースにも貢献している、UIの偉人です。

 その彼が、iPhoneアプリをリリースしました。といってもリメイクでありますが。彼が開発し、Appleから1985年にリリースされた相当に変わったチェスゲーム「Alice〜Through the Looking Glass」。これをリメイクしたものが、「AliceX」(公式サイトへのリンク)なのです。価格は230円(App Storeへのリンク)。

Alicex


 オリジナル版は当然モノクロ版なのですが、リメイク版は一部カラー。いろいろと新しいキャラクターも登場しているようです。これをリリースしているのは、スティーブ・キャプスの会社であるonedoto。

 YouTubeにビデオがあがっているので、まずはご覧下さい。まずはオリジナルのほう:

 そして、AliceXの動画はこちら:

 昔からMacやNewtonに関わっていた人たちが再びiPhoneに集結しようとしているのは、日本だけではないのですね。

 そういや、Jam SessionとかSuper Studio Sessionとかって、いまでも十分にiPhoneアプリとして通用するんじゃないかな。Super Studio Sessionはフリーウェアとしてダウンロードできるのね。Classic環境、どうしよう(笑)

追記:wmsさんの指摘で、115円→230円に修正しました。ありがとうございます。

関連記事:
「Newtonの残党」がリリースしたiPhone最大のアプリ
Mac誕生から四半世紀(nobilog2)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する