Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ニンテンドーDS“KORG DS-10”の実力をさらに深く探り下げてみる(その1)

»

 ニンテンドーDS版「MS-10」である、DS-10についてもう一くさり。

 ニンテンドーDSがここまでくるとは正直想像していませんでした。どうしても、「万人にうけなければならない」「ゲームの部分がなければいけない」というシバリがかかっていると思ってたので。

 これ、みた限りではゲーム性がまったくないんですね。これがまずスゴイ。

 MS-10なんてリアルタイムで知ってるのは40以上の世代だけ。若い子には伝説でしかない。そんなものを、ほぼむき出しの姿で提供するというのが許される、そんな時代になったんですね(と感慨)。当時のテクノロジーをソフト化して、ガジェットとして提供するってのはまだまだありそうな気がします。ボコーダーのVC-10とか、ローランドならDR-55とかね。ギターのリックだけを集めたDSタイトルってのもいいかな。

 さて本題。当時、リアルタイムでMS-10にさわっていた人間だけがわかるしつこさで、画面キャプチャからわかったことを書いてみます。間違ってたらコメントください。

Ds10

●VCOについてわかったこと

・VCOの波形は、「鋸波」「矩形波」「三角波」「ノイズ」の4種類。
・これを、VCO1とVCO2で独立して設定できる。
・VCO1とVCO2のバランス専用ボタンがある。
・VCO2のみ、ディチューンがある(オクターブ、五度などの設定ができる)。
・MS-10にあった、矩形波のPWM(Pulse Width Modulation)は省かれているもよう。
・ノイズは、ピンクノイズとホワイトノイズを選べるようにはなっていないかも(ホワイトノイズだけでも実用上は問題ないけど、ピンクノイズがあると、雷とかのエフェクトをつくりやすい)。

●VCFについてわかったこと

・パラメータは、「カットオフフリーケンシー」「ピーク」「EG」「TYPE」の4つ。
・TYPEは、フィルターの種類を設定するもの。通常はLPF(ローパスフィルター)だが、HPF(ハイパスフィルター)、BPF(バンドパスフィルター)も使える。
・これは、MS-10にはなかった機能。上位機種であるMS-20にはローパスとハイパスのそれぞれにカットオフフリーケンシーとピークのダイヤルがついていたので、それを組み合わせることでバンドパスフィルターの機能を使うことができた。
・EG(エンベロープジェネレータ)は、ADSR(アタック、ディケイ、サステイン、リリース)パラメータ。

●パッチパネルについてわかったこと

・VCO1とVCO2のピッチインパネルが独立している(当然か)。
・コントローラで、VCO2の周波数だけを独立してコントロールできる。ギターでいうとところのダブルチョーキングみたいな効果が出せるかも。
・S&H(サンプル&ホールド):ピコピコとランダムな音を出すときに使う。これをモジュレーションに使うことで、キース・エマーソンがソロで弾いていたMOOGのような効果が出せる。

 とりあえずここまで。続きはこちら

関連記事:
30年後、MS-10はてのひらにのった
アナログシンセの名機がDSでよみがえる——「KORG DS-10」登場
DSがアナログシンセに タッチパネルで演奏も・「KORG DS-10」

Comment(6)

コメント

かつてのMS-20ユーザです。僕もなんとしても手に入れたいと思ってます。

バンドパスフィルタが使えるというのは、いいですね。ヒューマンボイスのシミュレーションもやりやすくなりそうです。さりげなく上位機種の良い点を取り入れているところが嬉しいですよね。

先のエントリで触れられているように、様々な後続候補が考えられますが、まずはこいつを商業的に成功させたいっすね。

koya

おお。ここにもMS-20ユーザーが! どうしたら確実に入手できるか、ですよね。KAOSSILATORのときはあせりました。
BPFで音声。たしかに使いやすくなりそうですね。この製品はなんとか成功させたいです。ネット同期演奏するため、まず2個ずつ買うことですかね(笑)

>どうしたら確実に入手できるか
Amazonでもう予約が出来ましたよ。早っ!
今のところ「お一人様一つまで」の制限は無いようです(笑)

koya

ありがとうございます。とりあえず1つ、オーダーしました。複数だと後回しにされることも考慮して(笑)

遅ればせながら・・・。
えらい時代が来ちゃったなぁ、という気がします。で、DS無し環境の我が家でも「ついに買わんと!」と奥さんに言ったら一笑に付されましたとさ。
MS-20、一時期ひょんなことから手に入れたものの、自分の利用シチュエーションで使い切れずに手放してしまいました。ただ、いくつかの音色を作った結果のサンプリングがDSM-1用サンプリングフォーマットで残ってます・・・。

koya

せのおさん、そういうのはこっそりと(笑)
MS-20は音色残せないんで、サンプラーに、というのもアリですよね。当時はまだサンプラーがなかったので、音色チャートに書き留めてましたよ。「神田川のバイオリン風」とか。

コメントを投稿する