Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「AppleがAdobeを買収する」説、再び

»

 ITジャーナリストのロバート・クリンジリーが1月11日に書いたコラムがけっこう刺激的でした。Appleが次に進めるであろう大型買収は、Adobeになるのでは、というものだからです。

End Game: Why Apple Will Buy Adobe

 Appleのこのところの買収は、ほとんどがプロ向けの製品です。Final CutはMacromedia(当時)から、Logicは会社そのものを、また、最近ではFinalTouchというビデオカラーコレクションの製品を買っています。すべてが高機能なプロ製品です。

 プロ向けの高機能版「Pro」と、プロシューマー向けの「Express」、そして、コンシューマー向けの「iXXX」ところまで徹底的に使うというのがApple的やり方。

 では、次にどういうところに目をつけるかというと、製品ライン的に見事に思惑に合致するのってAdobeではありませんかというのがクリンジリーの論。

 買収or合併の相手として考えた場合、DisneyやGoogleでは異業種すぎて無理があるし、TiVoやSunもだめ。しかし、Adobeはブルース・チゼンが予告なしにCEOを辞めたのもアヤシイし、ジョブズはもとから創業者コンビであるジョン・ワーノックとチャールズ・ゲシキと親子のような間柄だから後継を託すというのも考えられる、とクリンジリーは指摘。

 そうすればFlashとQuickTimeが統合されてWindows Mediaが太刀打ちできなくなる、というのはたしかに面白いのですが、はてさて。そういや、QuickTimeのFlashサポート問題っていまだいじょうぶなんでしたっけ?

 AppleがAdobeを買収するという噂は以前にも何度か出ていますね。たしかに社風も場所も近いし、Mac OS XのイメージングモデルはPDFがベースなわけだし、Display PostScriptの昔から仲の良いジョブズ復帰からはさらにAdobeとの親和性は高まっています。

 そういえば、Macworld Expoのテーマは「AIR」だそうで、モスコーニセンターにバナーが飾られているそうです(Ars Technica経由)。

2008 There’s something in the air.

 まさか、Adobe AIRってことはないよなあ(笑)

関連記事:
「Adobe AIR(Apollo)」最新記事一覧

Comment(10)

コメント

個人的に、Appleに買収してもらって、より発展させて欲しいアプリケーションとして、Painter(Corel)があります。元々Mac専用ソフトであったことですし、一部熱狂的なファンが居ることでもLogicと近いイメージがあり。

PRO、Express、iXXというラインナップとの親和性も高そう。ただしWindows版を捨てられると業務上ちと困りますが。

koya

PainterっていまはCorelなんですねえ。ずいぶん遠いところまで流れてきたものです。たしかに「iPainter」なんて、とてもよさげな感じがします。

LC520

いつも楽しく読ませていただいています。
 ちょっとエントリから外れてしまうのですが、ご容赦下さい。
 前から一度松尾さんに是非伺って見たい、と思っていたのですが、昨今のVOCALOID周辺の熱気(と言うか狂気??)は、93,4年頃のマルチメディアの狂乱ととても良く似ているような気がするんですが、いかがでしょう。
 あの当時、Directorというとんでもないツールができたことでビデオや画像が簡単に扱えるようになって、マルチメディアブーム(バブル)が膨れ上がった。そして、14年を経て、VOCALOID2の登場によってボーカル付きのメディアを創れるようになった。
 「マルチメディア」と言えばMac!! だった訳で、Appleには、ぜひボーカルを扱うツールを出して欲しいなぁ、と思います。
 とは言え、Adobeはネットにマルチメディアを載せる先頭を走っているわけですから、事業的に見ればAppleが欲しがるのは十分頷けますね。

koya

LC520さん、なんて懐かしい型番……。いきなり昔に連れ戻されました。Directorとの共通点、たしかにあります。その指摘は実にするどい。目からウロコ、です。あまりにおいしいテーマなんで、別途エントリーを起こしたいと思います。

ApertureとAdobe Photoshop Lightroomをついつい両方買ってしまった私といたしましては、AppleのAdobe買収は福音です、天の声と言っても良いかも。

これでCSのハードウェアアクティーベーションも廃止されれば正直にお金出して買っているユーザーの勝利です。

ちゃんと買っている人間にはハードウェアアクチは不愉快そのものですから。

koya

アクティべーションについてはAppleが特許を取得したという話がりましたね。ユーザーの使いやすさが増してくるといいんですが。

mohno

> Adobe AIR
いやー、これはすごい読み。わざわざ1週間前に Mac Pro を発表してきたくらいなので、"one more thing" で出てくるか・・・と思いましたが、違いましたね^_^;(そりゃそうか)
光学ドライブなしの薄型ノートなら、SONY は VAIO TZ じゃなくて 505 Extreme と比較してほしいと思うでしょうね。

koya

はずしてしまいました(笑)505 Extreme、もうすこし評価されてもいいのに。

mohno

おお、これは:-) やっぱり、そう思っていたんですねぇ。
TechCrunch でも「サイズ以外のすべてに妥協してる」とか酷評されていましたが、(私が言うのもなんですが^_^;)「そもそも Mac に求められるものは Windows と同じなの?」という気はします。「あ、カッコいい! 以上」という人々がいるようですし、“そこ”には妥協していないわけですから(そこが Steve:-))。
それより、「Steve 二世」を育てなくていいのか、とか^_^;(←ボカッ)

コメントを投稿する