Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「鏡音レン」登場で可能になること

»

 「鏡音リン」が「鏡音リン・レン」になり、VOCALOID2初めての男性ボイス(女性が演じる男の子だけど)用データベースが入ったということで、どう考えても2倍オトク。

 もちろん予約を入れましたとも。

 でも、「鏡音レン」を半月も前に予想していた人がいたのにびっくり。しかもイラストまで。本物はリボンこそしてませんが(笑)

 さて、「鏡音リン」登場で可能になることで予想した、

 初音ミクのボーカルを鏡音リン(と言われている、初音ミクの妹)に入れ替えるだけで現在の楽曲数が2倍になりうるわけですから、そのポテンシャルってすごいものがあります。少なくとも2万個以上存在しているはずの.vsqファイルのVOCALOID Singerを入れ替えるだけでいいんですから。まあ、全員がCV02を買うとして、ですけど。

 これが、男性ボーカルでしかできないような楽曲が可能になるわけなので、みなさん準備中の楽曲に変動があるかもしれませんね。現在、オリジナルが1000曲以上。また、男性と女性のデュエット曲が増えることを考えると、当分この界隈が落ち着くということはなさそうですね。

 あと、歌詞職人さんたちは、「男性視点」の歌詞世界を作りやすくなるわけですね。

 個人的には、これで「つなき&みどり」とか「カーペンターズ」とかをやりやすくなります。ところで英語発音は……。

 本日立ち上がる予定の「ピアプロ」ってのもおもしろい。各分野の投稿を受け付けるということは、楽曲だけじゃなくて、静止画、動画、3Dなどが視野にはいっているということで、コラボレーションについてちゃんと考えていたってことですね。

関連記事:
「鏡音リン」登場で可能になること
初音ミク素材置き場がほしいと思っていたら、ボカロ互助会が出来ていた
男の子もいます!「鏡音リン・レン」 コンテンツ投稿サイトもオープン

Comment(7)

コメント

Toms

これは本当に予想以上のサプライズでしたよ…。
ところで、クリプトン社もこだわりがあるようでして、
公式サイトでも何回か書かれていますがあくまでも妹分であり(ボーカロイド、ボーカル・アンドロイドなので)、
リンはミクの妹ではないのであります。

しかし、クリプトン社は空気読みすぎですね。

わんわん

触っていて気になったのは、バグに近い仕様でしょうか。
特に他のソフトウェアからMIDIなりを突っ込むと、結構手直ししないと使い物にならなかったり、音程が若干上にあるようで、このへんもちょいちょいいじらないとつかえなかったり・・・・まぁ、VOCALOIDを使ってるそこそこの人はさっさとReWireで他ソフトで呼び出してるのが殆どでしょうけど、エンジン部分をある程度手直ししないと一本立ちしていけるかどうか、他人の事ながら心配します
まぁ、エンジン部分はヤマハさんがやってるわけで、それを言うならヤマハに言えって言う気もしますけど(笑)

tammy

「鏡音レン」に関しては、主人公が「三橋廉」だからってのもあるでしょうが、うまい組み合わせですよね。
 鏡音レンの発表は流石でした。声優さんに声を入れてもらうことになったことが逆にうまく作用しているみたいです。
 それよりも、PIAPROの動向が気になります。実はJASRACからストリーミング配信の許可を貰ってたりすると栗原さんが…(以下略
 CD化/DVD化予約件数募ってVOCALOIDコンピレーションアルバム発売とかって流れも作れそうで色んな意味で期待しちゃいますね。
#色んな意味で予想のはるか上を行ってくれてますから

koya

Tomsさん、妹分のところは、あの時点ではまだ不明だったので……。まあ、姓も違いますしね。
わんわんさん、わたし的にはReWireとVSTiについては「どのDAWでどのレベル動くのか」の検証をしっかり出してほしいと思います。エンジンはほんと、ヤマハ次第ですからねえ。http://www.vocaloid.comが更新されずに泣いてます。
tammyさん、PIAPROはユーザー登録してみましたが、いまのところオリジナル作品のみとなっているようです。なので、わたしがニコ動にアップしたようなのはPDになっていても対象外かなあと。このシステムをうまく使った仕組みについては後ほどエントリーにしようかと思ってます。

koya

_ さん、これはすごい。いろんなところで予言されてたんですね。そういえば、2ちゃんねるでは、ミクは(マイク、MIC)、リンは(Rin、右チャンネル)、レンは(Len、左チャンネル)という推測が出てました。これは当たってるかも、という気がしました。

Toms

これは失礼を…。けっこう前の記事でしたか。

コメントを投稿する