Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「初音ミク、JASRACデビュー」取り消し

»

 朝起きたら初音ミク、JASRACデビューにからんで報道されていた「着うた配信」の問題に関し、再び急展開となっていました。着うたおよびJASRACとの契約をめぐる事実認識については、クリプトンとドワンゴの主張には相当の隔たりがあるようです。くわしくはITmedia Newsの取材結果などを待ちたいと思います。→記事がきました。

「初音ミク作品」契約をめぐりドワンゴ・クリプトンが説明(ITmedia News)


着うた配信の経緯(クリプトン・フューチャー・メディア 伊藤社長)

また本日ドワンゴ様と協議いたしました。「みくみく~」をJASRAC登録に際してアーティスト名に「初音ミク」を使用したことについては、正式に謝罪いただきました。またアーティスト名を楽曲制作者である「ika_mo」氏名義に切り替える変更手続きをしていただくことで調整中です。

 これはJASRAC登録に関する一部を引用したものですので全文をごらんください。

 そして、その後に出たドワンゴ・ミュージックからのコメントがこちら。

クリプトン社の謝罪に対するコメント(ドワンゴ・ミュージックパブリッシング)

みくみくにしてあげる♪」【してやんよ】のJASRAC信託を行うことによっては、ニコニコ動画上の投稿にはなんら制約はありませんが、その他の創作活動上におけるユーザーの皆様の懸念は理解いたしました。今回の件で責を負うべきは当社であり、作者である「ika_mo」氏には何の責任もありません。「ika_mo」氏には大変なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 これはJASRAC登録に関する一部を引用したものですので全文をごらんください。

 ユーザーに直接関係してくることとしては、

・「みくみく」のJASRAC登録に関しては、アーティスト名に初音ミクは使われなくなってika_mo氏の名前となる(クリプトン)
・当該楽曲をニコニコ動画以外で使用した場合の制限は否定できない(ドワンゴ・ミュージック)

ということのようです。

 さきほどJ-WIDを確認したところ、「アーティスト:初音ミク」は消え、「アーティスト:ika」となっていました。少なくとも初音ミクはこれでJASRACアーティストではなくなったわけですね。

 ドワンゴ・ミュージックはJASRAC記載変更に関して単独のリリースも出していました。

「みくみくにしてあげる♪」【してやんよ】JASRAC届出情報変更に関するお知らせ

 その後、クリプトンからドワンゴ・ミュージックの反論に対する反論が掲載されました。

着うた配信の経緯(2)

 やはり真っ向から食い違っているようです。

 さらにその後、「生暖かく見守る」はずだった、ニワンゴ取締役でもあるひろゆき氏が、なんと調停者として登場してきました。落としどころは見つかるのか、それともさらに混乱するか……。

「初音ミク作品」騒動、ひろゆき氏が解決策を提案

 非常に残念ながら、ひろゆき氏の調停は無駄だったもようですね。

クリプトン社様からの着うた配信の経緯(2)に関して

 これはもうさすがにみっともないのでやめてほしいです。これだとニコニコ動画支持者が離れていくのではないでしょうか。

追記1:音楽業界に詳しいwhat's my scene?さんがこの件について的確にまとめられています。
Who killed Miku?:権利商売をするということ
追記2:暗い話ばかりだとアレなので、おもしろいニコニコ動画を2個紹介。以前紹介したARToolKitのさらなる発展系と、思わず涙ぐんでしまう3DPV「melody...3D PV ver1.50 -melody.exe-」のメイキング。どちらもなごみます。これで創作のモーティベーションを高めてください。


関連記事:
「初音ミク作品」契約をめぐりドワンゴ・クリプトンが説明(ITmedia News)
ドワンゴ、「アーティスト名:初音ミク」のJASRAC登録で「クリプトンと協議中」
「みくみく」JASRAC登録で「手違い」 ドワンゴ・ミュージックが謝罪
[初音ミク]ドワンゴやべー(げろみ日記)
Who killed Miku?:権利商売をするということ(what's my scene? ver.7.2)

Ikamiku

Comment(4)

コメント

謎の匿名希望

少し残念かもしれませんけど、もともとがそういうライセンスですし、ミクと音楽と作り上げていくコミュニティとの関係や創作への意欲を維持するためには仕方が無いことですね。

あとはカラオケですけど、少なくてもjoysoundはJASRACに登録しなくても配信できるので、何とか作家陣の不信を取り除いてjoysoundへリクエストできるように考えたいところです。

ほえ

ドワンゴ・ミュージックパブリッシング側から「クリプトン社様からの着うた配信の経緯(2)に関して」というコメントが発表されました。
http://blog.nicovideo.jp/niconews/2007/12/000751.html

さーて、どうなることやら…汗

koya

謎の匿名希望さま、anonymousさま、有意義な情報ありがとうございます。
しかしながら、ほえさまの情報にありますように、非常に遺憾ながら、ユーザーおよびクリエイターが真に望む解決の方向からはどんどんずれていっていますね。

コメントを投稿する