Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

Mac miniにBoot Camp + XPをインストールしてみた

»

 まさに衝撃のBoot Campに関する詳細レビューはITmedia +D PCUPdateあたりで予定されているようなので、とりあえず簡単なご報告だけ。

 ポイントは2点。最適化されたATIドライバをはじめとする純正のドライバが提供されたということと、導入時に、「Mac OS Xシステムを保持したままインストールができる」ということ。XOMの問題だった、この2点が純正ツールできれいに解消されました。

 XPはHome日本語版SP2リテール版を使用。Boot Campをインストールすると、まずドライバディスクを作成。

 そこからインストーラをスタートさせるのですが、XPインストールの直前でプチトラブル。XPのディスクをさがしにいったまま、戻ってきません。XPを英語版Home、英語版Proと取り換えてもうまくいかないので、しびれをきらして、コンパネの起動ディスクで「Windows」を選び(これができるのだ!)、再起動すると、ようやくXPインストールプロセスに。

 続いてXPの長くインタラクティブなインストール。最初のDOSモードでのインストール時には、画面の端が切れてしまうという問題がありましたが。まあ、それは無視して進めていくと、無事にインストール。

 再起動後には、あらかじめ作ってあった純正ドライバをインストール。ドライバの個別インストールはできない。これはちと問題かな。

 1個だけうまくいかないドライバが。AtherosのWi-Fiドライバ。これはMacBook Proと同じくコード10エラーが出てしまうのです。やはり日本環境の問題でしょうか? ぜひ解決されますように。

 おもしろいのは、Windowsに起動ディスクコンパネがついたこと。これでWindows XPとMac OS Xの切り替えができるのですが、おまけ機能として、FireWireターゲットディスクモードがついてくる。これはおもしろいかも。

 ちなみに、XOMを既にインストールしたマシンは、初期化してからインストールするしかないようです。なので、MacBook Proへのインストールは後日、ということで。

Comment(6)

コメント

バベテツ手島

自力インストールされていたのにBoot campの登場にさぞ気落ちしているのでは、、と思っていましたが。まったく逆でしたねw

koya

ドライバがらみで既にデッドエンド状態だったので、渡りに船ですよ。ああ、またWindows買いにいかなきゃ。ウイルス対策ソフトも。

Grappa

今朝からこの話題、爆発してますね!4月1日に発表すれば面白さアップだったのに、と思うのは私だけでしょうか?
プリインストールベースの数字にあぐらをかいているOSのシェア論議に一石が投じられるものであることを期待していますが、逆にXP、売れちゃいますよね(笑)。
個人的にはWindows環境の検証をしながら、OSXを使う、というケースが多いので、リブート以外に、VirtualPC的な使用方法があると嬉しいですね。
買い控え組だったのですが、モチベーション上がってきました。

がおっす

自分もMacMiniにインストールしてみました。おおむね快適に動作していますが、ファームをあげた影響だと思うのですが、起動音が接続や設定に関わらず、本体から出るようになって困っています。外部スピーカーをつなげても、音量Mute,最小などいろいろ試しましたが、どれもダメでした。昨夜は深夜にも関わらず、Winをインストールするたびにポーンと音がして家中大迷惑。真剣にファームを戻そうかどうか悩み中です。Boot Campはβですが、ファームはこれが正式なんですよね。この現象はひょっとして自分だけ?みなさんいかがでしょう?

今ドイツに出張中なので、手持ちのMacBook Proにインストールするのはちょっと勇気が要りますね。パーティション作成時にトラブったら大変です。帰国したら妻のiMac intelにさっそくインストールしてみようと思います。
なんか帰国が楽しみになりました。

koya

VMのParallelsと併せてお楽しみください。選択肢があるということはいいことです。

miniのサウンド問題、ドライバでなんとかならないですかね。無線LANとかキーボードとか、まだ課題は多いです。

パーティションのトラブルはけっこうあるみたいなので、仕事マシンにはつらいですよね。しかも出張中だと。iMacでの動作、ぜひお知らせください。

コメントを投稿する