ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本の総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%と、過去最高

»

総務省は、「敬老の日」(9月17日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者のすがたについて取りまとめています。

統計トピックスNo.113 統計からみた我が国の高齢者

総人口が27万人減少し、高齢者は44万人増加

日本の総人口(10月1日現在)は、2005年に戦後初めて減少した後、2008年にピークとなり、2011年以降、継続して減少し、2018年9月15日現在の推計では1億2642万人と、前年(1億2669万人)と比較すると27万人の減少となっています。

一方、65歳以上の高齢者人口は、1950年以降、一貫して増加し、2012年に3000万人を超え、2018年9月15日現在の推計では3557万人と、前年と比較すると44万人の増加となっています。

スクリーンショット 2018-09-17 10.06.22.png

出所:総務省 2018.9

女性の高齢者人口が初めて2000万人超え

高齢者人口を男女別にみると、男性は1545万人、女性は2012万人で、女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えています。人口性比(女性100人に対する男性の数)をみると、15歳未満では104.9、15~64歳では102.4と男性が多いのに対し、65歳以上では女性が男性より467万人多くなっており、76.8となっています。

総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%と、過去最高

総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%となり、前年(27.7%)と比較すると、0.4ポイント増と、過去最高となっています。男女別では、男性は25.1%、女性は31.0%となっており、女性は約3人に1人、男性は4人に1人が高齢者となっています。

年齢階級別では、70歳以上人口は2618万人(総人口の20.7%)で、前年と比較すると、100万人、0.8ポイント増となり、初めて20%を超えています。背景には、「団塊の世代」(1947年~1949年生まれ)が2017年から70歳を迎え始めたことなどによるものと考えられます。また、75歳以上人口は1796万人(同14.2%)で、前年と比較すると、50万人、0.4ポイント増、80歳以上人口は1104万人(同8.7%)で、31万人、0.2ポイント増となっています。

スクリーンショット 2018-09-17 10.10.52.png

出所:総務省 2018.9

総人口に占める高齢者人口の割合の推移では、1950年(4.9%)以降一貫して上昇が続いており、1985年に10%、2005年に20%を超え、2018年は28.1%となりました。この割合は今後も上昇を続け、第2次ベビーブーム期(1971年~1974年)に生まれた世代が65歳以上となる2040年には、35.3%になると見込まれています。

スクリーンショット 2018-09-17 10.13.27.png

出所:総務省 2018.9

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する