ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2020年にはAIにより、180万の雇用を失う一方で、230万の雇用を創出しているだろう〜「Gartner Predicts 2018」

»

米調査会社のガートナーは2017年10月3日、2018年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望「Gartner Predicts 2018」を公表しました。

Gartner Reveals Top Predictions for IT Organizations and Users in 2018 and Beyond

ガートナーでは「Gartner Predicts 2018」において、以下の10をあげています。

By 2021, early adopter brands that redesign their websites to support visual- and voice-search will increase digital commerce revenue by 30 percent.

2021年までに、視覚検索と音声検索をサポートするウェブサイトを再設計するアーリーアダプターの企業は、デジタルコマースの収益を30%拡大させるだろう

By 2020, five of the top seven digital giants will willfully "self-disrupt" to create their next leadership opportunity.

2020年までに、トップ7のデジタルジャイアントの企業のうち5社が、次の市場のリーダーシップの機会を獲得するために、意図的に自社のビジネスモデルの「自己破壊」することになるだろう。

By the end of 2020, the banking industry will derive $1 billion in business value from the use of blockchain-based cryptocurrencies.

2020年末までに、銀行業界はブロックチェーンベースの暗号化通信を利用して10億ドルのビジネス価値を生み出すだろう。

By 2022, most people in mature economies will consume more false information than true information.

多くの成熟した経済圏の人々は、2022年までに真の情報よりも多くの虚偽の情報に触れることになるだろう。

By 2020, AI-driven creation of "counterfeit reality," or fake content, will outpace AI's abilityto detect it, fomenting digital distrust.

2020年までに、AI主導による「偽造現実」または擬似コンテンツの制作は、AIによる検出能力よりもデジタルの不信感を煽ることになるだろう。

By 2021, more than 50 percent of enterprises will be spending more per annum on bots and chatbot creations than traditional mobile app developments.

2021年までに、企業の50%以上が、従来のモバイルアプリの開発よりも、ボットやチャットボットの開発に稼働を費やすことになるだろう。

By 2021, 40 percent of IT staff will be versatilists, holding multiple roles, most of which will be business, rather than technology-related.

2021年までに、ITスタッフの40%は多角的な役割を担い、そのほとんどは技術関連ではなくビジネス関連の役割を担っているだろう。

In 2020, AI will become a positive net job motivator, creating 2.3 million jobs while eliminating only 1.8 million jobs.

AIは2020年に肯定的な雇用動機となり、180万の雇用を失う一方で、230万の雇用を創出しているだろう。

By 2020, IoT technology will be in 95 percent of electronics for new product designs.

2020年までに、IoT技術は新製品設計のテクノロジーの95%に採用されるだろう

Through 2022, half of all security budgets for IoT will go to fault remediation, recalls and safety failures rather than protection.

2022年まで、IoTのセキュリティ予算の半分は、防御ではなくフォールト修復、リコール、安全性障害に移行しているだろう。

abstract-1278077_1280.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する