元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

ソニーの設立趣意書を読んで感動したので

»

ふとしたことで、昭和21年に創立者の一人井深大さんが書かれた、ソニー(当時は東京通信工業株式会社)の設立趣意書を見つけた。

以下はその抜粋。

「戦時中、私が在任していた日本測定器株式会社において、私と共に新兵器の試作、製作に文字通り寝食を忘れて努力した技術者数名を中心に、真面目な実践力に富んでいる約20名の人たちが、終戦により日本測定器が解散すると同時に集まって、東京通信研究所という名称で、通信機器の研究・製作を開始した。

これは、技術者たちが技術することに深い喜びを感じ、その社会的使命を自覚して思いきり働ける安定した職場をこしらえるのが第一の目的であった。戦時中、すべての悪条件のもとに、これらの人たちが孜々(しし)として使命達成に努め、大いなる意義と興味を有する技術的主題に対して、驚くべき情熱と能力を発揮することを実地に経験し、また何がこれらの真剣なる気持を鈍らすものであるかということをつまびらかに知ることができた。

それで、これらの人たちが真に人格的に結合し、堅き協同精神をもって、思う存分、技術・能力を発揮できるような状態に置くことができたら、たとえその人員はわずかで、その施設は乏しくとも、その運営はいかに楽しきものであり、その成果はいかに大であるかを考え、この理想を実現できる構想を種々心の中に描いてきた。

ところが、はからざる終戦は、この夢の実現を促進してくれた。誰誘うともなく志を同じくする者が自然に集まり、新しき日本の発足と軌を同じくしてわれわれは発足した。発足に対する心構えを、今さら喋々(ちょうちょう)する必要もなく、長い間皆の間に自然に培われていた共通の意志に基づいて全く自然に滑り出したのである。...」

焼け野原になった東京で、これほど熱く、ストレートに、高邁な理想を掲げて起業したアントレプレナーが、日本にもいたのですね。

Comment(1)

コメント

通りすがり

そうです。そんなすばらしい会社なんです。
だからテレビもウォークマンも買ってあげて下さい。

コメントを投稿する