元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

あれから30年...カレン・カーペンターを偲ぶ

»

大阪フェスティバルホールに初めて行ったのは、郷ひろみのコンサート。二回目に行ったのは、確か中三の時だったと思う、カーペンターズのコンサート。

カーペンターズの大ファンで、その歌詞を全部手帳に書き写しては自分で訳して、登下校の電車の中で暗記に務めていた。私が英語を好きになったのも、ということは、今こうしてシアトルに暮らすようになったのも、少なからず彼らのおかげだと思う。

高校でアメリカに一年間留学してた時、クラスメートに好きなミュージシャンは誰かと尋ねられ、カーペンターズと答えてバカにされた。当時のティーンエイジャーにとっては、ロックじゃないと音楽じゃないみたいなところがあった。カーペンターズなんて、ダサい代表だったのだ。

そんなことはすっかり忘れていたのに、先週はラジオの番組のおかげで、本当に久し振りにノスタルジアに浸らせてもらった。

30年前の先週の月曜日、カレンは32歳という短い命を終えたのだった。拒食症なんていうものがあるというのも、あの頃初めて知った。

30年たった今も、私を含め多くの人が彼女の歌声に耳を傾け、胸にキュンとくる瞬間を持つ...そのこと自体、ダサいどころか、すごいことだと思うのです。


YouTube: Carpenters - Rainy Days And Mondays

Comment(1)

コメント

とむとむ

そうですか。30年ですか。。。
カーペンターズとの出会いは自分が小学5年の時でした。
中学、高校と英語と音楽に親しみが増してくるにつれ、自分勝手にカーペンターズとの距離感がどんどん詰まっていったのをよく覚えています。

改めて、合掌。

コメントを投稿する