元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

大工育成塾なるもの

»

があることを、近鉄南大阪線の車内広告で初めて知った。

以下は、塾長からのメッセージの抜粋。

よい住まいとは、家族の幸せの容れ物です。住まいは、ひとが生まれて、育って、暮らすもの。そこは人格形成の場所でもあります。家づくりは人づくり、国づくりでもあります。

住宅が不足していた戦後50年は、早く、安くつくることが優先され、伝統的な木造住宅は、なかなか評価されにくい環境にありました。しかし、時代は今、大きく変わりつつあります。今こそ、日本の伝統構法でもある、木造軸組構法を蘇らせる時なのです。

我が国の職人文化・もの作り文化が生んだ木造軸組住宅。その長所を現代の住まいに活かすことにより、日本の伝統文化を復権し、未来へと継承していきます。

大工は、住まいづくりの志士です。ここで学ぶ大工が、日本の伝統文化の再生を担います。この塾で、棟梁から技と精神を学んでください。

このメッセージも素敵ながら、塾長の松田妙子さんのインタビュー記事も素敵、です。

002s

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する